« キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!円高83円台突入 | トップページ | 嫌な予感MAX »

2010年8月25日 (水)

金融のプロが金融市場から撤退している

破壊の後の小休止

【ユーロ】は対円で105.41円まで急落し、その後106円台で小休止しています。

このユーロですが、対ドルでは非常に面白い動きをしていました。

1.2587までドルが買われた後、一気にドルが売られ、チャート上1.2722まで「棒立ち」を演じているのです。

この「棒立ち」と同時に【金】が買われいましたので、ファンドが<【金】の空売りの買戻し>と<ユーロ買い戻し>を迫られた動きと言えます。

そしてこの<買戻し>が終わった途端に、【ユーロ】は1.2614まで下落してきており、この「棒立ち」が一過性のファンドの動きだったとわかります。

今後、このようなファンドのポジションの処分や破たんが相次ぎ、相場が大荒れになるはずであり、金融市場は非常に危険な状態になりつつあります。

NYダウは一時1万ドルを割っていましたが、引けでは133ドル安の10040ドルと何とか一万ドルを守っていますが、株式市場は今や暴落するのではないか、と疑心暗鬼になっており、、一人また一人と専門家は金融市場から去って行っており、知人のプライベートバンカーは顧客にすべてのポジションを解消するようにアドバイスを送っています。

このファンドマネージャーは年間20%以上の利益を継続してあげてきている凄腕で最低100億円以上しか預からないという超エリートともいえますが、その自分が顧客に対して警報を出しているのです。

『株・原油・穀物・金・国債・債券等あらゆる金融商品が暴落するのは避けられず、可能な限り現金化するように。自分は「油絵・ダイヤモンド・稀少金貨等」の換金性の優れた現物資産に移し、数年間は運用の世界から引退する。』

先般お知らせしました1兆円ファンドのCEOの引退もあり、金融市場からプロが消えていっています。

(Nevada)

Nevadaのコメントにあるように、本物の金融のプロが金融市場からどんどん撤退しているようです。

こんな時に、素人が金融市場に手を出すなんて、お金をドブに捨てるようなモンです。

この不安定な金融の行く末を見極め、その後からでも素人が動き始まっても良いかもしれませんね。

今後の金融市場の動向をワタシ的に見た時、次の言葉しか出てきませんな。

『絶望』

以上でございます。

♪望みを捨てろ~望みを捨てろ~♪

http://www.youtube.com/watch?v=d8l6c-ECTow

« キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!円高83円台突入 | トップページ | 嫌な予感MAX »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49247236

この記事へのトラックバック一覧です: 金融のプロが金融市場から撤退している:

« キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!円高83円台突入 | トップページ | 嫌な予感MAX »