« 葬式仏教ねぇ | トップページ | 地元の開業医、怖ぁ~ »

2010年8月16日 (月)

中国人のおやつ ヒマワリの種

中国人が一番よく食べるおやつといえば、断然ヒマワリの種だろう。老若男女がヒマワリの種を囲んで、カリカリとハムスターのようにかじる姿は、可愛らしくもあるが、ちょっと不思議に感じる人は多いのではないだろうか。

筆者も、中国に来た頃はそうだった。食べてみても、別段すばらしくおいしい、というわけでもない。

「どうしてわざわざこんなものを?」と考えながら、勧められたら付き合い程度にカリカリする、という程度の“ヒマワリの種ライフ”を過ごしていた。

しかし、つい先日夏の旅行に出かけた折りのこと。ふと筆者のパートナーが移動中の長距離バスの中で、こんなことを言った。

「ヒマワリの種って、おやつとしてはすごくいいかもしれない。砂糖が使われていないし、一粒一粒が小さいからどうやったって食べ過ぎないじゃないか。」

そう言われれば、確かにそうだ。ちょっと口寂しい時、ヒマワリの種ほど丁度良いおやつは、そうそう見つからない。

まずあの面倒くささ。なんでいちいち殻を剥かないとならないのか、と思うかもしれないが、見方を変えれば「食べすぎ防止」に役立ってくれている。

それに、一つ一つが小さいので、長いこと食べていてもあまりお腹にたまらないため、「おやつの食べすぎでゴハンが入らない」なんてことも起こりにくい。

また、砂糖や油脂、添加物を一切加えていないものも入手しやすく、非常に健康的だ。

唯一、食べた後の殻問題が残るが、やがて土にかえるゴミならば、それほど気にせず済む。

包装も比較的簡易なものが多く、買い方を工夫すればパッケージのゴミすら出ないだろう。つまり、エコロジーなおやつでもある、ということだ。

これだけの好条件を揃えていれば、中国人に愛されているのも納得がいくというもの。

まだまだ夏本番。これから中国旅行に出掛ける人も多いのでは?この機会にぜひ、ヒマワリの種を旅のお伴に加えてみてはいかがでしょう。

(Record China 八木幸代/25歳/中国在住7年/自由業)

ワタシも訪中の度に、このヒマワリの種は現地でよく食べるんですわ。

地元の普通のレストラン等でお店が混んでいる時(夕食時などは待つ事が多いです)、お店の外で待つ事もあるんです。

そういった時に、お店側が山盛りのヒマワリの種とプラスチックの椅子を外において、自分の順番が来るのを待ってもらうのです。

皆さん待つのは当たり前のように、店の外で賑やかに話をしながらヒマワリの種をほおばっているんですな。

確かにお腹にたまる事もなく、その後の食事にありつけました。

001 でも、日本に持って帰ってきて食べてみるとさほど美味しくないんですwww

というか、不味いんですな。猛爆!

中国で食べれば美味しいと感じるヒマワリの種なのデス。

« 葬式仏教ねぇ | トップページ | 地元の開業医、怖ぁ~ »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49164802

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人のおやつ ヒマワリの種:

« 葬式仏教ねぇ | トップページ | 地元の開業医、怖ぁ~ »