« 忍び寄る食糧危機 | トップページ | どうじゃぁ!これが男の手料理ぜよ!! »

2010年8月 6日 (金)

酷すぎる 社会保険庁(日本年金機構)

1人一つずつ割り当てられている基礎年金番号が、成人人口より123万件も多く、新たな未解明年金記録問題となっているが、100歳以上では番号数が人口の2倍以上となっている。

日本年金機構は、重複して付番されているか、死亡後も届け出られず、番号が整理されていない可能性が高いとしている。死亡者に年金支給が続いているケースも考えられる。所在不明の高齢者問題に絡み、年金の不正受給の背景との指摘が出ている。

年金受給者の生存確認については、06年12月以後、国は自治体の住民基本台帳ネットワークの死亡届情報を提供してもらい、2カ月に1度照合して不正受給をチェックしている。

だが、111歳とされていた東京都足立区の男性は、約30年前に死亡しながら住民基本台帳上は生存していた。台帳の記載と居住実態が異なれば、自治体は職権で訂正・削除できるが、この男性のように自治体が把握しなかったり、把握していても訂正に至らないケースが現在、続々と発覚している。

20歳以上の番号数と人口との差は、日本年金機構が7月に有識者会合に提出した資料によると、年齢ごとに偏りがある。79歳以上は全年齢で番号の方が多く、人口推計(09年10月)の893万人より81万件多い。100歳以上では人口推計(同)の4万8000人より5万5000件多く、番号が2倍以上になる。

機構は原因について、死亡者が含まれるほか

▽結婚や転職の前後で別々に付番された

▽日本にいた外国人が帰国し番号だけ残った

--などを指摘。機構は今秋から住民基本台帳ネットワークと基礎年金番号の照合を始め、死亡者の番号の特定を進める。

(毎日新聞)

腐りきってるよ、旧社会保険庁(日本年金機構)は、、、、

厚生労働省のバカ官僚なども含まれるんだけど、これでは年金納付率が最低になっても仕方ないわな。

年金行政に対して、ワレワレ国民は一切信用していないのが現状でしょう。

国家の決め事だから仕方なく払ってるようなモンでしょう。

実際、ワタシの知り合いも年金は支払っていません。

その知り合い曰く、『国の年金のシステムなんてその時その時で国の都合の良いように変わるから、信用できない。だから支払いはしません。自分で定期へ積んだ方がまし。』などと申しておりましたな。

こういったずさんな管理しかできないようなら、いっそのこと年金を解散して、今まで納付した額に利息をつけて返して欲しいモンですわ。

なんだかんだ言っても、『バカにつける薬はない』って言うんだから仕方ないわ。。。。。

ちなみにワタシは極小ながらも会社形式なので、厚生年金を支払っております。

だからこそ、腹が立つんだわwwwww

« 忍び寄る食糧危機 | トップページ | どうじゃぁ!これが男の手料理ぜよ!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49074953

この記事へのトラックバック一覧です: 酷すぎる 社会保険庁(日本年金機構):

« 忍び寄る食糧危機 | トップページ | どうじゃぁ!これが男の手料理ぜよ!! »