« 入ってよかった家財保険(落雷対応) | トップページ | 円高ぁ~! »

2010年8月 3日 (火)

菅首相よ 腰引けて日本を担えるか

菅直人首相が就任以来、初の予算委員会審議に臨んだ。日本をどうするのかを明確に語ってもらいたかったが、参院選で大敗した釈明の範囲にとどまっている印象が否めない。

内政外交の懸案解決に腰が引けているようにみえる。それでどうして日本丸を担えるのか。

とりわけ問題なのは、消費税増税について、平成22年度中に改革案をとりまとめるとの方針を自ら撤回しようとしていることだ。

首相はこの日、「消費税自体が否定されたのではなく、取り上げ方がまずかった。その面も反省している」などと改めて釈明した。今後の消費税への対応については、民主党内での議論が必要なことや、低所得者対策など多くの課題があることを挙げ、「いつまでにと期限を切ることは改めたい」と述べた。首相は先月30日の国会召集日の記者会見でも「代表選で約束にすることは考えていない」と、消費税の争点化は避けたい考えを示している。

参院選に際し、首相は自民党が掲げた「10%」を参考にし、与野党協議を呼びかけ、今年度中の改革案とりまとめを提起した。予算委では「財政再建はだれが首相でも、だれが政権を担当しても避けられない」と改めて与野党協議を呼びかけ、予算編成に野党の意見を反映させる意向も示した。

だが、民主党内の強い反発を受け、消費税について首相はまたもぶれている。これでは野党側も協議に乗れないだろう。消費税増税の必要性を認めながら具体的な論議は避けようとする姿勢はわかりにくい。引き続き政権を担いたいのなら、懸案解決の処方箋(せん)を示すしかあるまい。

首相への提言機関に格下げされた「国家戦略室」の扱いでも混乱がある。枝野幸男幹事長が一転して「局」への格上げを目指す姿勢を示し、首相も「格下げとは全く違う」と釈明した。だが、首相は「予算編成そのものをやるなら、主計局350人の部隊を官邸に持ってくることになる。そこまでは考えていない」と、戦略局を予算編成の司令塔とする当初構想に否定的だ。このことも昨夏の総選挙で約束したのではないか。

予算委では与党議員からも「どういう国家像を目指すのか」と質問された。首相の発言が同僚議員の心からも離れているとしかいいようがない。

(産経ニュース)

菅総理大臣。

アナタがここでやらにゃぁ~ア菅。

がんばらにゃぁ~ア菅。

しっかりせにゃぁ~ア菅。

国民の為に命を投げ出す覚悟が無くてはア菅。

« 入ってよかった家財保険(落雷対応) | トップページ | 円高ぁ~! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49043499

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相よ 腰引けて日本を担えるか:

» 菅総理 所信 [話題に乗り遅れないための最新ニュース]
菅総理。 谷垣総裁に合わせて暗くならないでも…。(^0^;) - Syoroomの ... 菅総理。 谷垣総裁に合わせて暗くならないでも…。(^0^;)(続きを読む) 二代目 苦節30年 市民運動家出身 菅直人の浮沈記 !!! 54 - 酒と ... 先週の、菅総理の会見、覇気の無さ民意を失った顔は、安倍元首相を彷彿されるねぇ。 目はどんより、話しの中身も何もなし、挙句の果ては「解散・総選挙はまったく考えていない」・・・わょ。 チャンチャラ・・・可笑しいわ!!???・・・今の民主党は分裂か ...(... [続きを読む]

« 入ってよかった家財保険(落雷対応) | トップページ | 円高ぁ~! »