« あぁデリケートゾーンがぁ~ | トップページ | 高齢者23万人超が所在不明=150歳以上884人??? »

2010年9月10日 (金)

民主代表選 ネットで人気逆転の謎 政治好きは小沢氏好き?

民主党代表選をめぐる世論調査では、新聞やテレビで菅直人首相が圧倒的に優勢なのに、投票方式のインターネット上のウェブサイトによる調査では小沢一郎前幹事長が上回るという逆転現象が珍しくない。

小沢氏は「新聞、テレビの調査と正反対の調査がいっぱいある」と強調、後者を重視する姿勢だ。この違いの背景を検証した。

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の8月末の調査で、どちらが首相にふさわしいか聞いたところ、首相が60・1%で小沢氏の16・4%を大きく上回った。

他の報道機関の調査でも、小沢氏は首相に大きく引き離されている。

一方、ウェブサイトでの調査では小沢氏の支持率が高い傾向がある。

1日から投票を開始した「YAHOO!JAPAN」では、9日午後3時の累計で、小沢氏が59%、首相28%で約2倍の差がついた。

8月26日から続けている「Infoseek楽天」では、小沢氏の93%に対し、首相はわずか6%にとどまった。

小沢氏が4日に登場した動画配信サイト「ニコニコ動画」では、出演中の約2分間に約9千人がネットで投票。

その結果、小沢氏が78・5%、首相が21・5%となり、小沢氏は「こうやって意思疎通できるのは面白い」と喜んだ。

同サイトでは8月31日の時点で、首相が34・7%と小沢氏の8・1%を上回っていたが、完全に逆転した格好だ。

こうした結果について、「YAHOO!JAPAN」は「ネットの投票者は自らID(本人証明)を登録して政治コーナーに入り支持候補を選択する。

政治に積極的にかかわりたい人たちの声だ」と分析する。

特に小沢氏が出演した番組では、熱心な小沢氏のファンが視聴、投票した可能性がある。

一方、新聞・テレビの世論調査は、電話や面接調査の対象を無作為・広範囲に選んで、回答に政治的傾向が出ないようにしており、こうした違いも背景にありそうだ。

(産経新聞)

ネットで人気逆転ね。

これは面白い。

人気逆転の背景について、上記記事はごもっともですね。

ただ、ひとつ抜けている事がありますな。

ネットでの投票者はテレビ・新聞などのマスコミの世論誘導的(世論を誘導していると言っているのではありませんよ、あくまでも的なでございます。)な傾向の判断よりも、ネットでいろいろな政治経済ネタ(ブログなど)で時節を読み、自分自身での評価・価値判断をしているのではないかと思われることです。

これはあくまでワタシ的な発想なので、そうだとは言えませんが、ワタシ的にはそう思う点もあるという事です。

« あぁデリケートゾーンがぁ~ | トップページ | 高齢者23万人超が所在不明=150歳以上884人??? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49405049

この記事へのトラックバック一覧です: 民主代表選 ネットで人気逆転の謎 政治好きは小沢氏好き?:

« あぁデリケートゾーンがぁ~ | トップページ | 高齢者23万人超が所在不明=150歳以上884人??? »