« コーラン焼却集会の中止を見直し? | トップページ | 平和ボケ ニッポン ココニ極マレリ »

2010年9月12日 (日)

牙をむき始めた中国

牙をむき始めた中国

中国は弱った日本を本格的に攻撃し始めてきており、戴秉国国務委員(副首相クラス)は12日の真夜中に丹羽大使を呼び出し、日本が「捕獲」した中国漁船の無条件解放を求めています。

ここで重要なことは、日本が毅然たる態度を取れるかどうか、です。
日本の主権を侵害した中国人に対して日本の法律で裁くという基本を取れるかどうかで、中国が今後どう出てくるか決まります。

中国は政治的な対応を求めてきているようですが、政治的な対応をすればこれを「前例」として次々と日本を攻撃してきます。

ここは「政治的な対応」ではなく「法律的な対応」をすることです。
ここで妥協をすれば、中国の横暴におびえている南アジア諸国は「日本は中国の言いなりになっている」として日本から離れていきます。

今回の中国漁船の日本の主権侵害問題は今後の中国の南アジア侵略政策にも影響を与える事象であり、日本の対応を世界中が注目しています。

(Nevada)

巨大な国力を武器に牙をむき始めた中国。

今のところ、怖いものなし状態ですからねぇ。

何でも平気でやっちゃいそうですね。

そこが赤い色ですから。。。。。

ただ唯一、中国国家の弱点があるとすれば、自国民(中国国民)なのでしょう。

尖閣問題の裏は?

尖閣列島での中国漁船の衝突事故。
中国が態度を硬化しています。
日本政府も真意を計りかねています。

中国のマスコミも、ミサイルを撃てだとか、軍艦を派遣せよだとか、しきりに煽っています。


将来、中国はまずは沖縄周辺から日本侵略を始めるでしょう。
これを国家戦略として位置づけています。


確かにそうなのですが、その一方でこういう考え方があります。

尖閣列島は、台湾など事実上分裂している中国を、ひとつにまとめる効果があるのです。
これを単なる領土問題だと捉えると、本質を見失う可能性があります。
また、領土に限らず自国内に何らかの大きな問題があるときに、しばしば持ち上げられる常套手段です

つまり、中国の国内問題の延長線上にあるのです。

だから、まずは「何らかの問題で困っている」可能性を探ってみることです。
そういう事実があるのかないのか?

日本政府にはこういった点もわきまえつつ、冷静な行動をとることを望みます。



http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010091100254

 【香港時事】尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件で、中国系香港紙・文匯報は11日、「日本の釣魚島侵略」を非難する論評を掲げ、「福建省に配備したミサイルは日本海軍(海上自衛隊)に対処できる」と警告した。中国当局の意向を反映する中国系香港メディアが外国に対する武力行使を示唆するのは異例。

 非中国系の東方日報は11日の論評で中国政府の姿勢を「軟弱」と批判。「中国は釣魚島海域に軍艦を派遣すべきだ」と主張した。

(およよと驚く毎日)

上記(およよと驚く毎日)にも書いてあるように、国内問題をかわすために国外で問題を起こし、愛国心を高めたりするのが常套手段でもあると書いています。

ワタシもそう思うのですが、あの膨大な人口の思想をコントロールするのは、とにかく大変なのだろうと思います。

10人いれば10人考えが違うってモンですよね。

それをあの人口の思想コントロールですからねぇ~

今はそこに外国からの情報がどんどん入ってきます。

中国の限界ってのは、そこら辺りから爆発してくるのは間違いなさそうです。

ただ今回の件においては、日本政府の毅然たる態度で臨んでほしいですな。

今後のニッポンの行く先を決める大きな決断になりそうです。

« コーラン焼却集会の中止を見直し? | トップページ | 平和ボケ ニッポン ココニ極マレリ »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49423739

この記事へのトラックバック一覧です: 牙をむき始めた中国:

« コーラン焼却集会の中止を見直し? | トップページ | 平和ボケ ニッポン ココニ極マレリ »