« それでもまだ中国に行くのか? | トップページ | 脳が異常興奮している »

2010年10月 5日 (火)

ランボルギーニよ、そこまでやるか!!

伊Automobili Lamborghini(アウトモビリ・ランボルギーニ)は、車両重量わずか999キロのコンセプトスポーツカー「Sesto Elemento(セストエレメント)」を、パリモーターショー2010で発表した。名前の由来は、6番目の素材としてカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を使っていることによる。

セストエレメントは、カーボンファイバー製モノコックを持ち、フロントフレーム、エクステリアパネル、クラッシャブルゾーンもすべてカーボンファイバーで作られている。これだけでなく、主要なサスペンションコンポーネントやホイールリム、プロペラシャフトにもCFRPを採用した。

搭載するエンジンは、ガヤルドLP 570-4スーパーレジェーラと同じ排気量5204ccのV10エンジン。最高出力は419キロワット(570馬力)/8000rpm、最大トルクは540ニュートンメートル/6500rpmで、時速100キロまで2.5秒で加速し、最高速度は300キロ以上になる。

トランスミッションは、パドル操作でシフト可能な6速AT。「人間が操作できるよりもはるかに速い速度で、状況に応じて、6速のうちから最適のギヤを選択する」という。また、駆動方式はフルタイム4WD。

インテリアはミニマリスト(最小主義)アプローチを採用し、極限まで贅肉をそぎ落としている。従来型のシートフレームはなく、シートはカーボンファイバーモノコックに直付けした。センターコンソールには3個の圧電素子ボタンしかない(スタートボタン、リバースギア、ライト)。

【岡田大助,Business Media 誠】

くるまに関しては、古い911(カエル顔だけね)にしか興味がないので、ランボルギーニについて何の興味はないのですが、上記記事の車のスペックを読んだら失禁しそうになりましたねぇ~

これは車ではなく、ウェポン(兵器)って感じですな。

カーボンフレームにシートをボディに直つけなんて・・・・・

もはや車ではない!ウェポンだ!!

2009061710330000 追記

ワタシが好きなのは『車』ではなく『くるま』なのです。

その辺がわかるようになったら『エンスー』って事でしょうか。。。。。

« それでもまだ中国に行くのか? | トップページ | 脳が異常興奮している »

趣味」カテゴリの記事

コメント

ネットサーフで拝見中です^^存在自体がコンセプトカーみたいな車でも、そのコンセプトカーもあるんですね^^;

>ランボルギーニさま

お初でございます。
こういった高価な車もすぐ完売してしまうんでしょうね。
ある所にはあるモンでしょうから。。。。

以前、カウンタック25thアニバーサリーに座らせてもらったことがありますが、日本人体型には会わないシートポジションだったです。泣
背中に座布団でもはさんで運転するような感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49655781

この記事へのトラックバック一覧です: ランボルギーニよ、そこまでやるか!!:

« それでもまだ中国に行くのか? | トップページ | 脳が異常興奮している »