« 素敵なステーキ、ステーキのケン | トップページ | 大人の遠足 »

2010年10月22日 (金)

これぞ真の計画出産 by中国

脅される妊婦も…帝王切開で病院が収入増狙いか? 中国上海

【産経新聞  上海=河崎真澄】

中国の上海市では、産婦人科での出産の約54%が帝王切開であることが、保健所の調べで分かった。

上海紙、新聞晨報によると、世界保健機関(WHO)が推奨する帝王切開での出産率15%を大きく上回っており、中国全体でも飛び抜けて高い比率だという。

上海市で極端に帝王切開が多い背景には、出産費用が自然分娩(ぶんべん)に比べて約2倍かかるため、収入増を当て込んだ病院側の「ビジネス姿勢」があるとみられている。

中国婦人子供保健協会では、「上海の一部の病院は巧みに妊婦を帝王切開に誘導して、妊婦に決断させている」と指摘する。

上海市内の産婦人科で出産経験のある女性は「分娩直前になって産婦人科医から『あなたは骨盤が小さいので自然分娩は困難だ。自然分娩だと激しい痛みから逃れられない』と脅された」と、今では不本意な様子。

多くの産婦人科は慢性的な人不足で、出産日時や産気づいてから赤ちゃんが出てくるまでの時間の読めない自然分娩は、商売上、効率が悪いと考えているフシがあるという。

何でワタシのブログには中国関係の話題が多いのかって?

それは、ワタシが大好きな中国に大嫌いな部分も多いからなのデス。

上記記事の件で、ワタシの中国の友人にも同じような事があったので書いておきます。

現在、中国の友人(女性でございます)が出産の為、故郷に帰郷しているんです。

故郷は南京から車で2時間くらいのところのようです。

けっこうな都会だと言っておりました。

彼女もはじめから出産に関しては帝王切開と決めているようです。

というより、病院は、はじめから帝王切開での出産が前提での検診のような感じですな。

彼女も当たり前のように思っています。

予定日がわかったら、出産日時を決めるってな感じです。

ワタシ出産に関しては、よくわかりませんよ。

しかし、そんな感じに受け取れますな。

それが普通。

何の疑いも無く検診を受けて、出産日を決めて、帝王切開で出産する。

それが普通。

ワタシの中国での取引会社での、日本語通訳担当の彼女の話でございます。

« 素敵なステーキ、ステーキのケン | トップページ | 大人の遠足 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49813882

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ真の計画出産 by中国:

« 素敵なステーキ、ステーキのケン | トップページ | 大人の遠足 »