« 親父バンド第二段は矢沢永吉『SOMEBODY’S NIGHT』だぁ! | トップページ | 尖閣問題で中国で大規模デモ、日本はどうなんだい? »

2010年10月17日 (日)

中国尖閣問題次のステージへ

第2段階に入った日中衝突

田母神前航空幕僚長が会長をつとめます【頑張れ日本!全国行動委員会】が行いました「中国大使館包囲!尖閣侵略糾弾 国民大行動」(参加者3200人)に対して、中国外務省報道官は16日夜、「大使館の施設や人員の安全を確保するよう」日本政府に要請したと発表しています。

この大行動は六本木通りを通って粛々と行われ、デモ行進後、抗議文を中国大使館のポストに入れていますが、

これに対して中国側が上記の要請を行っているものですが、時間的には重大な事案が中国で発生しているのです。

中国西安市の反日デモで日本料理店のネオンサイン・ガラスが割られており、四川省成都市では数千人規模の半日デモが発生し、イトーヨーカ堂等を包囲し、イトーヨーカ堂は営業を停止しています。

中国全土で数万人規模の反日デモが行われており、このスローガンが『釣魚島(尖閣諸島)は中国の領土であり守れ』、『日本製品をボイコットしろ』となっており、組織だって行われていることは明らかであり、かつ、上記の日本でのデモに対抗してすぐ行われていることもあり、中国政府が裏で糸を引いていることは明らかです。
そしてしめに外務省報道官が日本側に抗議しているという図式になっています。

日中関係は菅総理や仙石官房長官が考えている良好な関係という方向にはいかず、最悪の状態に進み、今後【9月1日付けワールドレポート】で解説いたしました中国側の自作自演の『事件』がきっかけに、大暴動が発生する可能性が強くなってきています。
そしてこの大暴動で、中国人民解放軍が動けば、【ワールドレポート】の通りの事態に発展します。

中国に進出している企業は社員の引き揚げ等を想定した危機対応を準備する段階に入ってきており、旅行者は中国への旅行は中止するべきだと言えます。
仮に中国側に拘束されたり、暴動に巻き込まれて負傷しましても、「愛国無罪」が中国であり補償など全くありえません。

(Nevada)

現時点において、中国当局も頭を抱えている事でしょうな。

日中間の問題については毅然とした態度を取りたいが、そうすれば中国の学生達の愛国運動がいっそう高まる事になり、その愛国運動が国家への不満に向かう事を当局は一番恐れている。

何処の国でも『若いモンに怖いものなし』でございますよ。

そこに中国独特の考え『愛国無罪』が前面に出てくれば、中国国内の事情もいっそう不安定になってきます。

中国の若者(学生)の今後の動向には注意ですな。

今の中国の若人は国家の一人っ子政策によって我儘放題に育った『小皇帝』なのです。

この暮れ向きは『中国の若者』がキーワードのひとつになってきそうです。

« 親父バンド第二段は矢沢永吉『SOMEBODY’S NIGHT』だぁ! | トップページ | 尖閣問題で中国で大規模デモ、日本はどうなんだい? »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49766328

この記事へのトラックバック一覧です: 中国尖閣問題次のステージへ:

« 親父バンド第二段は矢沢永吉『SOMEBODY’S NIGHT』だぁ! | トップページ | 尖閣問題で中国で大規模デモ、日本はどうなんだい? »