« 反中反日を言う前に | トップページ | 尖閣 »

2010年11月 4日 (木)

小沢氏ネット出演は○

大手メディアに波紋を起こした小沢氏ネット出演

小沢一郎氏がインターネット動画サイト(ニコニコ生放送)の番組に出演し、90分にわたってジャーナリストや識者らの質問に答えた。

そのスタジオに、大手テレビ局のクルーらがつめかけて収録し、ニュースとして全国放映した。

日経新聞は「小沢氏が公開の場で発言する場に選んだのはニコニコ動画の番組だった」と書いた。

筆者にはメディア界の新しい胎動を予感させる出来事に思える。

それにしても、出演、取材に応じてもらえない大手メディアにすれば、小沢氏のネット出演は面白かろうはずがない。

昨夜の報道ステーションでは、キャスターとコメンテーターとの間で奇妙な会話が交わされていた。

古舘伊知郎氏 「どうでしょうかね、一色さん」

一色清氏 「ネットでは小沢さんは人気がありますからそちらを選んだんでしょうね」

小沢氏はニコ生の番組で、こう語っていた。

「意見も反論も言える仕組みなので、多くの人に分かってもらえると思って出演要請を快く引き受けた」

ノーカット、編集なしで、たっぷりしゃべらせてくれるネット番組に、小沢氏は信頼を置いているのであろう。

それを、「ネットで人気がありますから」と、メディアの特性への言及抜きにコメントせざるをえないのは、テレビに出演させてもらっている一色氏としても苦しいところだ。

大テレビ局の報道番組では近ごろますます、政治家がまとまった意見を披瀝する機会が減っている。

過剰な編集と脚色、いたずらに自分の意見を主張する大物キャスター、司会者と、そのお気に入りコメンテーター。ごった煮の映像とコメントのなかで、いきおい、小泉親子のような「ワンフレーズ」ばかりが視聴者の記憶に残り、ポピュリズムといわれる政治と言論の衰退現象が蔓延する。

しかし、視聴者の感情に訴えるテレビ報道番組の手法が、ネット人口の増加とともに、いずれ行き詰ることは、昨日の等身大の小沢ネットインタビューと、報道ステーションの内容を引き比べ、その甚だしいイメージの乖離を見れば、容易に想像できるだろう。

わざわざ、カメラに追われるように仏頂面で国会内を早足で歩く小沢氏の映像を流したあとで、ニコ生での発言の一部、すなわち国会招致に応じないという場面だけを切り取って、「国会の決定に従う」という約束と違うではないかという話にもっていく。

そして、古舘氏と一色氏が、「国会での説明は必要だ」とうなずきあい、国会の審議を前に進めるために小沢氏に自覚を持ってほしいという趣旨のことさえ言う。

補正予算の審議と小沢氏の国会招致は別の問題であることくらい誰にでも分かる。党利党略の駆けひきで国会招致が持ち出されていることも多くの国民が知っている。

それでも、マスメディアでは「元秘書ら3人が起訴された小沢氏の政治的・道義的責任は重大で、議員辞職にも値する」(産経新聞社説)という言説がまかり通っている。

・・・後略・・・

(永田町異聞)

ワタシはオザワンの熱烈支持者でもなんでもないのですが、今回のネット出演の選択は◎ですな。

テレビでは90分のノーカット放映なんて出来るわけないでしょうから、どうしても編集ってな事になりますわな。

編集って事は、編集者の意図でどうにでも編集できてしまう事になります。

・・・と言う事は、センセーショナルに編集したり、世論を誘導するような編集が出来てしまうって事です。

新聞もしかりですな。

ワタシは以前からテレビ・新聞等のマスゴミ的要素の高い媒体は一切信用していませんが、誘導されやすい人々が圧倒的に多いのが現実です。

テレビでバナナって言えば、次の日のスーパーマーケットのバナナが無くなるなんて当たり前ですからね。

そういったことから考えても、オザワンの今回のネット出演は◎を差し上げますな。

« 反中反日を言う前に | トップページ | 尖閣 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49934671

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏ネット出演は○:

« 反中反日を言う前に | トップページ | 尖閣 »