« 東京谷中・寛永寺と築地昼食ツアー | トップページ | 外国に頼らない経済の実現 »

2010年11月 3日 (水)

危険なパワーゲーム

危険なパワーゲーム

今日本は危険な¨パワーゲーム¨の真ん中にいますが、 今の素人政権は何もわかっていません。

前原外務大臣は駐ロシア大使を一時帰国させるとしていますが、これに対抗して駐日ロシア大使が帰国したら、事実上日ソ間の外交関係は断絶する事になります。

民主党政権は巨大な『ロシア帝国』を敵に回してタダですむと思っているのでしょうか?

極東ロシア軍の動きに変化があると言われている今、仮に極東ロシア軍が動けば北海道の安全保障はどうなるでしょうか?
北方領土にロシア軍が入ってきたらどうするのでしょうか?

お互い特命全権大使が居ない状態で軍が動いた場合、事実上外交交渉は出来ません。

また中国も日本攻撃をエスカレートさせ、駐日大使を召還し、人民解放軍を尖閣諸島に進める事もあり得、そうなれば
日本を巡るパワーバランスが劇的に崩れます。

詳しい事はまた限定情報にて解説させて頂きますが
ワールドレポートにて解説しました【事態】が急速に進んでいます。

(Nevada)

フィリピンでも日本のようにいざという時は米軍が守ってくれると聞かされていた。

でもピナツボ火山が噴火した時、避難する住民たちは近道である米軍基地を横切って避難しようとしたけれど米軍はそれを阻止して人々を通してはくれませんでした…

米軍は自然災害の時でさえ住民を守ってはくれなかった。

(Lovepeasemama Twiterより)

国際紛争時は、民主党も自民党もアメリカが日本を守ってくれると思っているのでしょうね。

今のア菅も遺憾、遺憾と言うばっかりで、何の可決方法も見出そうとしていません。

アメリカは日本の事を対等関係だなんて考えた事は無いはずです。

日米安保以降は特に『金のなる木』『打出の小槌』くらいにしか考えていないでしょう。

だからヒラヒラヒラリーなんて人のリップサービスに騙されてはいけません。

自国の中でさえ騙し合いの国政運営なのに、他国との事なんて鼻っから信用してはいけませんな。

条約だって取り決めだって、いざとなったら自国利益の為に破棄するのは歴史が証明しています。

今、世界各国は自国の利益だけの追求に動き始まっています。

日本だけノホホンとしていると、ニッポンが消滅しかねない事態に追い込まれるはずです。

« 東京谷中・寛永寺と築地昼食ツアー | トップページ | 外国に頼らない経済の実現 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49922051

この記事へのトラックバック一覧です: 危険なパワーゲーム:

« 東京谷中・寛永寺と築地昼食ツアー | トップページ | 外国に頼らない経済の実現 »