« こりゃぁ傀儡政権だね | トップページ | 本当に出来るのか?日中首脳会談 »

2010年11月11日 (木)

子供達は自分の身を自分で守るしかないのか?

群馬県桐生市の市立新里東小6年、上村明子さん=当時(12)=が自殺し、後になって学校側がいじめがあったことを確認した問題で、同小学校が自殺1カ月前に文部科学省から依頼されたいじめ調査を実施していなかったことが10日、分かった。調査を実施していれば、事前に明子さんへのいじめを把握できた可能性もあり、文科省では「自殺を防げたかもしれない」としている。

 桐生市教委によると、同小は調査を実施しなかった理由について「12月初旬の人権週間に合わせ、実施する予定だった。『実施しなかった』という認識はない」と説明したという。

 同小が実施していなかったのは、文科省の「いじめの実態把握のためのアンケート」。いじめ早期発見と対策のために、各校の児童や生徒一人一人にアンケート実施を求めていた。

 文科省によると、今年9月14日に、全国の小中学校と高校などへ教委を通じてアンケートを依頼。明子さんの通っていた新里東小にも、桐生市教委を通じて通知文書が届けられていた。

 しかし、同校ではアンケートは実施されず、10月23日に明子さんが自殺。それにもかかわらず学校側は、記者会見で「いじめの認識はなかった」という見解を示した。

 明子さんの両親がいじめの存在を強く主張したことなどから、学校側は文科省アンケートとは別に全児童を対象に聞き取り調査を実施し、11月8日になって、いじめの事実を認めた。ただ、自殺の原因とは認めなかった。

 一連の経緯に疑問を感じた文科省が、群馬県教委を通じて同小にアンケート結果を確認したところ、未実施であることが判明した。

 同アンケートの実施率は平成21年度で65・9%。3分の1以上の学校が実施していないことなどから、文科省は10日、「いじめに対する学校側の認識が甘い。積極的な把握に努めないと解決は難しい」として、各都道府県教委に対し、いじめなどについて定期的なアンケート実施を徹底するように求める通知を出した。

(産経ニュース)

いつもこういったことが起きると、当学校や教育委員会は『逃げ』の姿勢です。

子供達は学校の先生に一切の身を委ねているはず。

それがあっさりと裏切られてしまうんだからねぇ~

子供達と教育者側に溝が出来てしまうのも頷けますわ。

まぁ今のご時世、モンスターなんとやらの問題で、たいへんな思いもしているのはわかりますよ。

でも、子供とは関係ない。

今の教育そのものに何か重大な欠陥があると思うのはワタシだけなのでしょうかね。

ワタシが小6の子供の時、担任は熱血教師で、悪い事をしたらおもいっきり「ビンタ」されましたが、子供達はその先生が大好きでした。

卒業式の時、先生とワタシ達子供と皆で号泣して別れを惜しんだものでした。

そういった先生との絆ってのは、今の子供達にはないのでしょうかね。。。。。

**追記**

真面目に教育に取り組んでいる先生・学校もたくさんあることは付け加えておきます。

« こりゃぁ傀儡政権だね | トップページ | 本当に出来るのか?日中首脳会談 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

明子ちゃんは お母さんが フィリピンのかただからという 理由だけで いじめられた。
明子ちゃんが どうしようもできないことで いじめるのは 卑怯だな。

学校の先生も 金八先生みたいに いじめに 取り組んで いじめっ子に 注意するべきだった。
学校の先生が 金八先生みたいに いじめに 取り組んで いじめっ子たちに 注意していたら 明子ちゃんは 死なずにすんだ。

明子ちゃんを 死なせた いじめっ子たち。
本来なら いずれ 明子ちゃんは 結婚して 子供を 産んでいたはず。
その子供の命まで 奪ったんだ。

学校は いじめを 認めたけれど 自殺の原因だとは 認めていない。
明子ちゃんの自殺の原因は 家庭にあると しらを 切っている。
明子ちゃんの 自殺の原因は 同級生からのいじめと 注意しない先生にあるのは 誰でも わかる。
明子ちゃんの 自殺の原因が 家庭にあるのなら 明子ちゃんは お母さんに マフラーを 編むわけがない。

窓ぎわのトットちゃんの トットちゃんは 授業中に 机のふたを 必要以上に 何回も 開け閉めしただけで 公立小学校を 1年生の1学期に 退学になった。
明子ちゃんを 死なせた いじめっ子たちも 退学処分に値する。
退学処分にするべきだ。

>日本共産党めっちゃ大嫌い男 さま

お初でございます。

実体験で言うと、中学校の教師で学校の中では部活の顧問をしている先生がいます。

休日、部活の遠征で試合に行った時、子供たちが試合を頑張って決勝まで行ったのに、自分の都合で先に先生だけ帰ってしまった事もありました。

子供たちはあっけにとられて決勝ではやる気をなくし負けてしまったようです。

これ実話でございます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/49994918

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達は自分の身を自分で守るしかないのか?:

« こりゃぁ傀儡政権だね | トップページ | 本当に出来るのか?日中首脳会談 »