« 事業仕分けって・・・ | トップページ | 経団連会長、消費税率「速やかに引き上げを」 »

2010年11月17日 (水)

遊んだ大学生か勉強した大学生か

企業が悪いのか学生が悪いのか

大卒の内定率が過去最低になったと報じられ、危機的な状況と言われていますが、果たしてそうでしょうか?

『面接で志望動機を聞くと「安定した会社に入りたい」という学生が増えた。意欲がないだけではないか』

『優秀な学生は他社との争奪戦』、『内定辞退者が出ても補充で採用したい学生は中々おらず、日本人より意欲がある外国人留学生の採用を増やしている』

ここから見えてくるのは、企業が求めている水準に半分近くの学生が達していないという実情です。

学生時代に一生懸命勉強し自分を鍛えてきた学生には採用が殺到していますが、この理由は新規採用者の中からその企業の将来を託してもよいと思える若者を採用するからなのです。

企業の将来を託すことが出来る人材を採用できるかどうか、その判断をすることを求められる採用担当者は、
「その緊張感が醍醐味である」と述べていましたが、今、その将来を託すことが出来ると思える学生が減ってきているのです。

学生時代にコンパだ、何とか研究会だと遊びほうけている学生が多くいますが、それら遊びほうけてきた学生には企業は用はありません。
しっかり勉強し、その企業を発展させることが出来るであろうと思える学生を企業は採用するからです。

本来なら大学に行くべきではない若者が親の「みえ」もありとりあえずは大学に行くだけ行って、まともな勉強をしない者が多くいますが、卒業を控えて働こうと思ってもそのような甘いものを採用する企業はありません。

ただ、今まであれば、そのような学生を採用する受け皿があったのも事実です。
消費者金融(サラ金)、事業者ローンです。

ところが、今や消費者金融・事業者ローン会社は過払い金問題で国により潰された為に、採用枠から外れた学生を受け入れるところがなくなったのです。

今、日本は衰退の道を歩んでおり、企業はより厳しい態度で採用をしてきます。
そして海外事業部であれば、真剣に働く中国人、韓国人を採用するのも頷けます。

彼らの目つきが違うからです。
中国の北京大学という日本の東大クラスを卒業した優秀な学生が、下働きをしながら日本で採用を希望している事例もあると言われていますが、イデオロギーは別として、企業としては、しっかり働いてくれる中国人を日本人の代わりに採用しましても、何ら不思議ではありません。

人材のグローバル化が進んでいるものですが、今まで甘い考えでいた学生を直撃しましても当然と言えば当然です。

ある企業経営者は、新卒採用は取りやめ、その代わりに中国人を採用しているのです。

学生自身が海外の大学生のようにもっと真剣に勉学に励まないと、大学は出たものの殆どが失業者になるという事態になりかねません。

冒頭の企業採用者の話にありますとおり、就職難という問題は企業側に問題があるのではなく、学生側にあるとうことを大学も学生も親も認識して、今後の対応を考えるべきだと言えます。

優秀な学生なら企業はいくらでも採用したいのが本音なのです。

(Nevada)

このご時世にもかかわらず、大学生の間では研究会だ、サークルだ、コンパだと、学業以外に力を入れている人も多いと聞きます。

時代が変わった認識がないまま『大学入ったら遊ぶもんねぇ~』などと甘い考えを持って大学へ進学する人も多いようです。

他国のように、大学に入ってより高度な学業を得て、就職に有利になる為に学業に励む。

その時点で日本との差は大きく広がってしまいます。

多くの企業が外国に進出し、就職にしてもグローバル化されています。

就職氷河期を越える今の就職事情。

6789 何をすべきか今の若人も考える必要がありますな。

今を苦労して、先に少しでも楽をするのか。

今、楽をして将来苦労するのか。

それは自分自身で決める事です。

*真面目な大学生もたくさんいることは付け加えておきます。

« 事業仕分けって・・・ | トップページ | 経団連会長、消費税率「速やかに引き上げを」 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/50053642

この記事へのトラックバック一覧です: 遊んだ大学生か勉強した大学生か:

« 事業仕分けって・・・ | トップページ | 経団連会長、消費税率「速やかに引き上げを」 »