« 北海道網走市からの贈り物 | トップページ | 牡蠣の食べ放題に行って来たのデス »

2010年12月20日 (月)

皆の衆、緊張の日は続くぞよ

今日は北朝鮮が行動に出なくて何よりでした。

まぁ~北の親方だって、報復攻撃に出た時が自国の滅亡の時くらいはわかってるんでしょうから、よほどの馬鹿じゃない限り報復はしませんわな。

それより今度は明日の心配ですぞ。

明日、とうとう恐怖の皆既月食満月がやってくる。

太陽・月・地球が一直線に並び、地球が40センチ近くも引っ張られて歪む。

これが引力トリガーだ。

この規模は年に数回もない。2004年末のスマトラM9.3も満月だったし、1996年の阪神大震災もそうだった。

地震というものは、コア周囲にあるマントル対流に引っ張られて地殻が絶えず入れ替わり流動している。

強烈な応力が働いていて、固体プレートにたくさんの亀裂が生じている。

これが、月齢や太陽風、気圧などのトリガーによって一気に動くことがあり、大地震となる。

これまで30年以上の観測で、月齢引力トリガーが地震発生の基本要素であることが分かっていたが、太陽風もそれ以上に凄いトリガー力があると分かったのは、この数年である。

年末年始に巨大地震が起きやすいのは、これらに加えて気圧の大変動が起きやすいからだ。

とりわけ大寒波で猛烈に冷たい気団があると気圧が上昇し、この大気圧は想像を超える凄い圧力を地殻に与えるのだ。

そして移動に伴って繰り返し応力破壊が起きる。

欧州で予想通り凄い大寒波になっている。

北極振動と呼ばれるメカニズムは偏西風の作用だろう。

経験則から、欧州の大寒波は半月後に偏西風振動に伴って日本付近に移動する。

クリスマス前後に、最初の大寒波が押し寄せ、これによる気圧トリガーも猛烈化することになる。

(東海アマ)

そういう事でございますよ。

3431 明日は皆既月食満月でございます。

何で緊張しなければならないのかは、上記のコメントの通りです。

何事無きように・・・・・・・

くわばらくわばら

« 北海道網走市からの贈り物 | トップページ | 牡蠣の食べ放題に行って来たのデス »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/50354942

この記事へのトラックバック一覧です: 皆の衆、緊張の日は続くぞよ:

« 北海道網走市からの贈り物 | トップページ | 牡蠣の食べ放題に行って来たのデス »