« 民主党現政権を信じる者はいなくなる | トップページ | 大きなダルマを飾る »

2011年1月 9日 (日)

新聞は必要なし

新聞が消えて無くなる日

新聞の発行部数が年々減少している。情報手段が著しく多様化、低廉化している現在、これまで情報媒体として不動の地位を保ってきた新聞も、この先盤石とは言えないだろう。「新聞が消えて無くなる日」が、まったくあり得ない話だとは言い切れない。

 新聞協会の調べによると、一般紙とスポーツ紙を合わせた新聞の発行部数は、2000年には5370万部あった(朝夕刊セットを1部で計算)。それが2009年には5035万部となり、6%強減少した。

 一見するとなだらかな減少のようだが、2008年にマイナス1.0%、09年にマイナス2.2%と、足元で減少幅が拡大。新聞発行部数は加速度的に減少し続けている。また、一世帯当たり部数は2000年に1.13部だったが、2008年には1部を割り込み、09年には0.95部となった。

 大和総研の川村雄介専務理事は「クオリティ・ペーパーだったはずの大新聞の一部にすら、最近はまるで扇情的な大衆週刊誌のような見出しや記事が散見される。これなら150円出して毎朝、朝刊を求めるよりも、ゴシップ中心の週刊誌を買うほうが安くつく」

 さらに、「ましてやネットならタダだ。反対に質の高い品格ある内容であれば、200円出しても新聞を買う。近い将来、新聞が消えてしまうかどうかは、まずもって記事のレベルと報道ぶりという、当然すぎる基本姿勢にかかっていることを忘れてもらいなくない」と手厳しい。

(ゆかしメディア)

ワタシ的には新聞は必要ありませんねぇ~

ワタシの家では約18年前から新聞は取っていません。

情報はほとんどネット。

新聞社によって、同じ事でも社説に大きな違いがあります。

なんだかんだ言っても、結局は商売(お金儲け)ですからねぇ。

スポンサーや水面下の大きな力で書けない事も出てくるでしょう。

それがわかっているからワタシは新聞不要なのです。

新聞を取っていなくて本当に不便だった事は二つですな。

1)子供が学校から翌日、新聞を用意してくるように言われた時。

2)ちょっとしたものを包みたい時。

この2点だけでしたな。

あぁ!そうそう爪切りの時にも必要だった。

***追記***

ワタシが約18年前に新聞を取らなくなったきっかけは、18年前に結婚をし小さいアパートに移り住んだ時、いつものように新聞勧誘がやってきまして、

『すぐ近くに実家があるので新聞は要りません』

とお断りしたところ、その新聞勧誘員が

『新聞も取れないほど貧乏なのか?』

と、捨て台詞を吐いて帰っていったのです。

それ以来、新聞は取っていないのですな。

そんな事がなくても、必要ないモノは要らんけどね。

« 民主党現政権を信じる者はいなくなる | トップページ | 大きなダルマを飾る »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/50533489

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞は必要なし:

« 民主党現政権を信じる者はいなくなる | トップページ | 大きなダルマを飾る »