« 原口・維新の会、大きなうねりとなるのか | トップページ | 菅サン自身が危ないのとちゃうのか? »

2011年2月15日 (火)

鳥インフル、宇都宮の野鳥に・・・

宇都宮のハヤブサ、鳥インフルの疑い

栃木県によりますと、13日、宇都宮市・徳次郎町の住宅でハヤブサが死んでいると連絡があり、14日朝、県が死骸を回収して簡易検査したところ、鳥インフルエンザの陽性反応が出たということです。

 検体は北海道大学で精密検査が行われ、正式な結果が出るまで、4日から7日かかる見通しです。鳥インフルエンザウイルスが検出されれば、この冬、関東では初めての発生となります。

 栃木県では、野鳥の監視を強化するとともに、死骸が発見された場所から半径10キロ以内にある13軒の養鶏農場などに、電話で聞き取り調査しましたが、今のところ、異常は確認されていないということです。

(TBSニュース)

とうとう関東周辺にまで鳥インフルエンザの陽性反応が出ましたか。

強毒性でないことを祈りたいですな。

いずれにせよ、いつか必ず関東周辺でも強毒性の鳥インフルが出ることを想定して、関係者の方々は大変だとは思いますが、防疫対策をしっかりと取っていただきたいと思います。

« 原口・維新の会、大きなうねりとなるのか | トップページ | 菅サン自身が危ないのとちゃうのか? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/50876556

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフル、宇都宮の野鳥に・・・:

« 原口・維新の会、大きなうねりとなるのか | トップページ | 菅サン自身が危ないのとちゃうのか? »