« これからの天気予報に・・・・ | トップページ | 直ちに影響はないと言うけれど・・・・・ »

2011年3月27日 (日)

最低の東京電力と原子力安全・保安院

濃度1000万倍は誤り 東電「別の放射性物質と取り違えた」

東京電力は27日、福島第1原子力発電所2号機の事故で、2号機地下にたまった水の放射性物質(放射能)の濃度が通常の1000万倍としたヨウ素134の調査は別の放射性物質コバルト56と取り違えたと発表した。

 武藤栄副社長が27日夜記者会見し、「ヨウ素134の29億ベクレルという数字に誤りがあった」と述べた。

 東電と経済産業省原子力安全・保安院は26日に2号機タービン建屋地下1階で採った水の放射線濃度は、1立方メートル当たり29億ベクレルとしていた。

(産経ニュース)

こんな時期に及んでまで測定物質を取り違えるんかい?

最低な組織だな。

以前より隠蔽体質で定評の東京電力と原子力安全・保安院でございますよ。

これをまた信じろってか?

現場の作業員だけに任せていないで、アナタ達自身が現地で陣頭指揮をとったらどうだい?

原子力に関しては最高の頭脳を持ってるんだろ?

遠く離れたところで安全安全言ってないで、現地で安全宣言して見ろよ。

原子力安全・保安院や東京電力、政府などに放射性物質の測定などをやらせないで、日本国家とズブズブの関係でない他国に測定を任せた方が、正確な値が出てくるんじゃないのか?

テレビ(マスコミ)においても、スポンサーの関係からなのか安全を連呼する専門家しか呼ばないようだし、基準値が大幅に緩和されていくのを問題視しない専門家ばかりってのも納得いかんな。

現状の裏には何がある?

何を隠してる?

« これからの天気予報に・・・・ | トップページ | 直ちに影響はないと言うけれど・・・・・ »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51233333

この記事へのトラックバック一覧です: 最低の東京電力と原子力安全・保安院:

« これからの天気予報に・・・・ | トップページ | 直ちに影響はないと言うけれど・・・・・ »