« 直ちに影響はないと言うけれど・・・・・ | トップページ | やはりプルトニウム汚染があった »

2011年3月28日 (月)

今回の原発事故は官僚天下りが招いた災害とも言えるのですね

今回の原発事故は官僚の天下りが招いた災害とも言えるのですね。

天下りが、なぜいけないかは福島の原発の大災害を見ればよく分かる。
民主党は、エネルギー庁長官をたった四ヶ月で東京電力に天下りさせた。

天下りがなぜいけないかは福島の原発の大災害を見ればよく分かる。東大法学部卒の経済産業省エネルギー庁長官が東京電力に天下って、経済産業省の保安院は東京電力に頭が上がらなくなり、管理監督能力を無くしてしまったからだ。いくら天下りがいけないかを書いても、実際に原発が爆発して死の灰を東京に降らせなければ、国民は天下りの弊害を認識できないのだ。
民主党は、天下りをなくすと公約して政権に就きましたが、いまやそれを反故にして、エネルギー庁長官をたった四ヶ月で東京電力に天下りさせた。だから監督すべき保安院は有名無実になり、東京電力のやりたい放題に原子力発電所の安全性は放棄された。だからこそ本気になって天下りは根絶させなければなりませんが、それが出来なければ原発事故のような重大事故が繰り返されるだろう。
原子力行政ばかりではなく、経済行政でも同じようなことが行なわれており、財務省や日銀の官僚は経済の最先端のことが分からないにも拘らず、経済行政を仕切っている。デリバティブがどんなものかは実際に運用している人にしか分かるものではない。財務省の官僚は増税すれば税収が上がると考える人たちであり、商売をした経験が無いから経済のことが肌で分からない。
東大法学部を出た人をスーパーマンのようにエリートとして見る事は間違いだ。しかし中央官庁でも一流企業でも東大法学部の出身者がエリートとして扱われて、社長や事務次官として仕切るようになっている。さらには天下り先を作っては渡りを繰り返して優雅な生活が出来るようなシステムを作り上げた。政治家にも官僚出身者が幅を利かすようになって、政治家が官僚に使われるようになってしまった。
福島第一原発の大災害は、官僚の天下りシステムが招いた災害であり、専門家による安全管理がなされていれば、大災害は防ぐことが出来たはずだ。実際に同じような地震や津波を受けた福島第二原発や女川原発は最悪の事態は避けることが出来ている。福島第一原発の危険性は前から指摘されていたのですが、原子力保安院と東京電力がそれをひねり潰してしまった。
原子力発電には、使用済み燃料棒をどうするかという根本的な問題があるのですが、それが解決しないままに東京電力は原子力発電所を作り使い続けている。本来ならば監督すべき原子力保安院や原子力安全委員会が骨抜きにされてしまっている。天下りや利権で一体化してしまっているのだ。いくら官僚の天下りが良くないと言っても、今回のような大災害となってみなければ誰も弊害が分からない。
民主党も自民党も官僚の天下りを容認してきたが、政治家は頭が悪いから官僚に言いくるめられてしまう。経済問題にしても同じ構図であり、景気が悪くなろうと官僚たち公務員はリストラも減給も関係が無い。彼らは財政再建しか興味が無く、増税することが財政再建の唯一の道と考えている。天下り先となる一流企業には法人税減税がなされるが、一般庶民には消費税増税で生活を苦しめる。
東京電力も中央官庁からの天下りを受け入れることで政府との関係を深めている。株式日記では風力発電や太陽光発電などについて書いてきましたが、このようなエコロジー発電に対して東京電力は妨害してきた。原子力発電のほうが効率がいいからということなのでしょうが、そのおかげで福島県は致命的なダメージを負ってしまった。
せめて原子力発電所が三重四重の安全対策を施していれば事故は防げたのでしょうが、管理監督する機関が天下りで骨抜きにされてしまった。銀行なども大蔵省の天下り先となって管理するほうと管理されるほうが一体化してしまったのは天下りのせいなのですが、民主党は現役出向と言う形で天下りを認めてしまった。これでは銀行のやりたい放題になりバブル経済になってしまった。
東北関東大震災は天災ですが、福島第一原発の大災害は人災だ。文系の官僚が最先端の科学技術の事など分かるわけがないのですが、彼らが原子力発電政策を仕切っているから今回のような事故が起きてしまう。国会で共産党の議員が原子力発電の危険性を追及しても、首相や担当大臣にとっては雲を掴むような話であり、官僚に丸投げしてしまう。
その官僚にしても専門家ではないから東京電力に丸投げしてしまう。今回の大災害も東京電力に責任を擦り付けて官僚は責任を回避してしまうだろう。科学技術や医療や経済など最先端分野となると政治家や官僚も手に負えないものとなってしまって暴走してしまう。現場のことが分かる専門家しか分からないことですが、専門家を使うことで政治家は政治をコントロールしなければなりませんが、それが出来る政治家がいない。
総理大臣は陸海空の自衛隊の最高司令官ですが、もちろん軍事の専門家ではない。しかしその自衛隊も官僚と言う事務員が防衛を仕切っている。しかし兵器や作戦などの専門技術は現場の自衛隊員にしか分からないのですが、三軍の最高司令官は何も知らない。だから専門家をスタッフとして使いこなすべきでしょうが、防衛大臣も総理大臣も一年も持たずにクルクル代わる。
原発行政も担当大臣がクルクル変わるから、官僚が変わりに仕切るようになりますが、官僚は天下り先に対して厳しい指導ができるはずが無い。だから天下りは禁止して関係を遮断すべきなのですが、民主党はそれが出来なかった。今回の原発大災害は天下りが招いた災害だ。
(株式日記)

« 直ちに影響はないと言うけれど・・・・・ | トップページ | やはりプルトニウム汚染があった »

独り言」カテゴリの記事

コメント

原子力発電についての けと ネットで その真実をしり こわくなりました

コメントありがとうございます。

今度はプルトニウムが検出されたようです。

この数値には今後注意です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51240098

この記事へのトラックバック一覧です: 今回の原発事故は官僚天下りが招いた災害とも言えるのですね:

« 直ちに影響はないと言うけれど・・・・・ | トップページ | やはりプルトニウム汚染があった »