« 孫正義氏 本気を出す | トップページ | 関東沖M5が続きますね »

2011年4月25日 (月)

国会議員サンからお手紙ついた

先日、国会議員サンにお手紙を書いた返事がきました。

http://hiro556.tea-nifty.com/blog/2011/04/post-895e.html

(国会議員サンにお手紙書いた)

原子力発電所事故関係の発言の場を一つに集約するって答えは、「混乱を防ぐための大原則」だそうです。

政府や原子力・安全保安院、東京電力を国民が信用して初めて一つの発言の場が成り立つのであって、過去の隠蔽劇を見ても国民のほとんどが信用していない現在、大原則も何もないだろうと思うのですが。。。

茨城県の各地でも放射線量の測定のお願いの件は、「茨城県では現在心配となるレベルではない為、各器材は福島県を優先すべき」だそうです。

しかし、個人レベルの測定では、公の発表よりはるかに大きなレベルのところもあるのですがね。。。

丁寧な返事はいただけましたが、一般庶民の心配事と国政の場の認識とでは、大きな開きがある事が確認できました。

やはり自分の身は自分で守るしかないようです。

« 孫正義氏 本気を出す | トップページ | 関東沖M5が続きますね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

たびたび失礼します。

放射能・・・
私には原発から40キロ・いわき市に大切な親戚がいます。

毎日毎日、原発の事が気になり心配で不安ですsweat02

また立入禁止区域となってしまった方々の、苦しみを思うと心が痛みますsweat02

> Happyさん さま

ワタシの友人も福島県田村市(原発から38キロ地点)にいます。

友人の住む地域は避難地域ではないし、避難所暮らしをしている訳でもない。

情報も少ないし、支援も無く困り果てているようです。

何とかならないものかと思いながら1日1日と過ぎて行ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51491932

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員サンからお手紙ついた:

« 孫正義氏 本気を出す | トップページ | 関東沖M5が続きますね »