« 余震が止まっている | トップページ | 原発事故はなんでも「事象」というらしい »

2011年4月14日 (木)

ワタシの家の近くのお寺に来ています

2011041209050000 ワタシの家の近くのお寺に来ています。

1.8メートルの雪見灯篭・春日灯篭が先の大地震で倒れてしまったので、建て直しに行っています。

『まだ大きな余震の可能性がありますよ』とワタシは住職に言ったのですが、『1000年に1回の大地震だからもう来ないよ。早く立て直して欲しい。』というので、今日は現場作業です。

2011041209070000 ちなみににワタシの会社は、日本国内産墓石専門の卸をしております。

こうして現場を頼まれることもあるのですが、今回の現場(早期の建て直し)は地震予知に興味を持つ私にとって、いささか?が付きます。

以前にもコメントしたように、茨城県南方面の地震の懸念も捨てきれないからです。

本当は言いたくないのですが、『この前と同じくらいの揺れが来たら、また倒れる恐れがあるかもしれませんよ』とお話して、了承を得て作業をしております。

今後、大きな揺れに見舞われないことを祈りますわ。。。。。

« 余震が止まっている | トップページ | 原発事故はなんでも「事象」というらしい »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51384046

この記事へのトラックバック一覧です: ワタシの家の近くのお寺に来ています:

« 余震が止まっている | トップページ | 原発事故はなんでも「事象」というらしい »