« やはり起きたか 福島県沖M5.7 | トップページ | 福島第一原発1号機に危機迫るか? »

2011年4月29日 (金)

国家とは何なんだ?

小佐古内閣参与が抗議の辞任 政権の原発対応遅れ批判

内閣官房参与の小佐古敏荘東大大学院教授(放射線安全学)は29日、福島第1原発事故をめぐり「政府は法律などを軽視し、その場限りの対応で事態収束を遅らせている」と批判し、首相官邸に参与を辞任する意向を伝えた。小佐古氏は3月16日に就任。原発施設と放射線に関して首相への助言を求められていた。

 政府の原発事故対応への不満が顕在化した。首相が「知恵袋」として活用するため起用した参与が抗議の辞任をするのは、極めて異例だ。

 小佐古氏は29日夕、国会内で記者会見し、放射性物質の拡散を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による測定結果の公表遅れを問題視。原発作業員の緊急時被ばく線量限度を年100ミリシーベルトから年250ミリシーベルトに急きょ引き上げたことに触れ「もぐらたたき的、場当たり的な政策決定を官邸と行政機関が取り、手続きを無視している」と指摘した。

 同時に、福島県内の小学校校庭などに累積した放射性物質に関し、文部科学省が示した被ばく線量基準は「国際的な常識ではなく、行政の都合で決めている」と述べ、厳格化するよう求めた。

(共同)

まっとうな内閣参与がいたんですねぇ。

国家とは何なんだ?

国民の生命・財産を守るためにあるんじゃぁないの?

今の国家は何なんだい。

最低の国家なんじゃないのでしょうかね。

国家を担っていく将来の子供たちまで犠牲にして。。。。。

あいた口がふさがらないとはこの事ですね。

« やはり起きたか 福島県沖M5.7 | トップページ | 福島第一原発1号機に危機迫るか? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51528029

この記事へのトラックバック一覧です: 国家とは何なんだ?:

» 福島第1原発:内閣官房参与、抗議の辞任  学者馬鹿か、政治に利用され [自分なりの判断のご紹介]
学者ってなんでしょうね。 平時のときであれば まあ、好きにいろんな 事を言っていても学問の トータルの発展に 多かれ少なすくなかれ 寄与しているという... [続きを読む]

« やはり起きたか 福島県沖M5.7 | トップページ | 福島第一原発1号機に危機迫るか? »