« 参考文献(地震の連鎖) | トップページ | また国会議員サンにお手紙書いた »

2011年4月27日 (水)

恥を知らない保安院・東電

ついに出席者0人、保安院・東電の海外メディア会見

原子力安全・保安院と東京電力の海外メディア向けの合同記者会見で、4月25日分の会見でついに出席者する記者がゼロになった。

どうせ本当のことは何も言わない会見に愛想を尽かした海外メディア。

それでも保安院と東電側は無人の記者席に向かって説明するという空虚な会見は、一応は行われた。

これまでにも説明側10人、記者1人ということもあったようだが、25日はついに記者の出席者はなし。

海外のメディアにもおいても、福島第一原子力発電所の事故への関心はひじょうに高いはずだが、『大本営』の会見に出席しない。

この意味するところは、出席しても意味がないからだ。

日本の大手メディアは、一社だけ載らない「特落ち」 を極度に嫌うため、上司からは「一応、出席しといて」となる。

だが、最近は記者の質が低下していると言われる駐日本の海外メディアの記者も、出席の意味がないことをわかっているのだ。

中部大学教授の武田邦彦氏は自身のブログで「外人は来ない保安院・東電の会見」と題しての記述がある。

武田氏は「無人の記者席に向かって、誰もいないのに説明をするという非人間的なことをする保安院の役人の姿が印象的だった。

海外では福島原発の事故についての関心は強い。

関心が強いので、保安院や東電の記者会見に出ても、ウソを教えられるので、聞いても意味が無いのだ」と、この光景を描写している。

また「日本人として哀しい」と心情を吐露。

その上で「日本人の記者会見は相変わらず盛況だ. 事実と違うことを聞いても政府の言うことなら黒も白なのだろう」と、日本のメディアの現状の報道姿勢を嘆いている。

(ゆかしメディア)

なんとも言えない感じのニュースですな。

恥という感覚を持っていない保安院・東電。

世界からもソッポ向かれましたか。。。。

人間としての感覚を持ち合わせていない人たちが、原子力にかかわっているなんて。。。。

本当にニッポンは怖い国だわさ。

« 参考文献(地震の連鎖) | トップページ | また国会議員サンにお手紙書いた »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51508414

この記事へのトラックバック一覧です: 恥を知らない保安院・東電:

« 参考文献(地震の連鎖) | トップページ | また国会議員サンにお手紙書いた »