« 営業から帰りました。 | トップページ | 福島原発「穴ふさぐ手順や方法も不明」(専門家). »

2011年5月17日 (火)

ホーキング博士、死後の世界について語る

「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言

[ロンドン 16日 ロイター]

「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。

ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

博士は21歳の時に筋萎縮性側索硬化症(ALS)という進行性の神経疾患と診断され、余命数年とされた。「自分は過去49年間にわたって若くして死ぬという可能性と共生してきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。まだまだやりたいことがある」と語った。

また、人々はどのように生きるべきかとの問いに対し「自らの行動の価値を最大化するため努力すべき」と答えた。

1988年の著書「ホーキング、宇宙を語る」で世界中に広く知らるようになった博士は、2010年の著書「The Grand Design(原題)」では宇宙の創造に神の力は必要ないとの主張を展開し、宗教界から批判を浴びている。

物理学者にとってはそういった考えなのかもしれませんね。

しかし、人間は考えようによっては非常に弱い生き物です。

感情を持つ人間にとって、世の中の出来事対して敏感に反応します。

それは「心」といった感性を持つからなのでしょう。

だから色々な出来事に対して一喜一憂したりしています。

そういった日々の中で、

”何かにすがりつく”ようになる。

”何かに救いを求める”ようになる。ってな事はごく自然な出来事なんだと思いますよ。

それがまさに宗教だったり、天国・地獄の考えにつながっていくのだと思います。

そういった事によりどころ(救い)を求める人間。

ごく自然な事なんだと思いますな。

« 営業から帰りました。 | トップページ | 福島原発「穴ふさぐ手順や方法も不明」(専門家). »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51696757

この記事へのトラックバック一覧です: ホーキング博士、死後の世界について語る:

« 営業から帰りました。 | トップページ | 福島原発「穴ふさぐ手順や方法も不明」(専門家). »