« 2、3号機もメルトダウン? | トップページ | 営業から帰りました。 »

2011年5月15日 (日)

1号機 燃料取り出しまで数年以上?もうだめやん!

1号機 燃料取り出しまで数年以上

核燃料が溶け落ちる、いわゆる「メルトダウン」が起きていたとみられる東京電力の福島第一原子力発電所1号機について、東京電力は、燃料の形が変わっていることから、燃料の取り出しまで数年以上かかる見通しを明らかにし、原子炉が安定して冷却された後も作業が長期化するという見方を示しました。

福島第一原発1号機では、核燃料の大半が溶け落ちる「メルトダウン」が起きて、燃料は、原子炉の底の部分で水に浸った状態にあるとみられています。

こうした燃料の取り出しについて、東京電力は14日の会見の中で、燃料の形が大きく変わっていることから、「少なくとも今後数年以上かかる」と述べ、作業が長期化する見通しを示しました。

メルトダウンは、32年前のアメリカのスリーマイル島原発の事故でも起きていますが、このときは、燃料は溶岩が固まったような形で原子炉の底にたまってしまい、最終的に外に取り出すまでにおよそ10年かかりました。

先月発表された福島第一原発の事故の収束に向けた工程表では、原子炉が安定して冷却されるまで6か月から9か月程度を目指すとされ、その後の作業となる燃料の取り出しについてはまだ示されていません。

東京電力は、メルトダウンしたあとの燃料の取り出しについて、スリーマイル島原発の事故後の対応をもとに、原子炉から取り出すための特殊な工具などの使用も含め対策を検討することにしていますが、原子炉が安定して冷却されたあとも作業は長期化することが予想されます。

予想はされていたけど、やっぱりね。

今まで楽観的な情報しか出してこない東電のことです。

そして、ことごとく楽観的情報は覆されています。

そういった事から考えても、ワタシ達はあと数十年は現在のような状況下に置かれてしまうのではないのでしょうかね。

それが1,2,3号機とあるんですよ。

他に4、5号機もある。

福島第1原子力発電所からの放射性物質が出続ける中、大気中をさまよう中、そして大地に降り積もる中、ワタシ達は生きていかなければならないようです。

« 2、3号機もメルトダウン? | トップページ | 営業から帰りました。 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
やっぱり・・という感じですよねぇ。

福島の避難している方々は、もう二度とオウチに 戻れないんでしょうねsweat02
1番悲惨な被災地、福島。

福島の名前が、こんな形で地球に残ってしまうなんて残念で悔しい。

避難区域が広がらないことを祈るばかりです。

日本はどうなるのでしょうか・・・

>happyさん さま

こんにちわ。

予想はしていましたけどねぇ。。。

政府や東電などのコメントの数倍はひどいかもしれないと思って聞くべきなのでしょうね。

しかしまぁ残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51673546

この記事へのトラックバック一覧です: 1号機 燃料取り出しまで数年以上?もうだめやん!:

« 2、3号機もメルトダウン? | トップページ | 営業から帰りました。 »