« パンドラの箱を開けてしまった東日本大震災 | トップページ | 土浦市烏山 「きなり」で「つけ胡麻」を喰らう(蕎麦) »

2011年5月 2日 (月)

国会議員サンから返事が来なかった

4月28日に出した地元選出の国会議員サン宛への手紙(メール)。

http://hiro556.tea-nifty.com/blog/2011/04/post-7f0b.html

(また国会議員サンにお手紙書いた)

今度は返信がありませんでした。

メールを出したその後、

内閣官房参与の小佐古敏荘東大大学院教授(放射線安全学)は29日、福島第1原発事故をめぐり「政府は法律などを軽視し、その場限りの対応で事態収束を遅らせている」と批判し、首相官邸に参与を辞任する意向を伝えた。

こういった件もあってか、返信できないのでしょうかね。

地元選出の民主党議員サンにメールを出したのですが、今までは返信があったのですが、今回はなかった。

勘ぐってしまえば、それだけワタシの”意見が核心を突いている”(痛い所を突かれている)ってな事になるのでしょうかね。

友人の誘いもあってなのですが、選挙の時には手伝い、後援会・公聴会のお手伝いをし、新年会・忘年会には参加し・・・・

85 ワタシは国会議員サンの利権のオコボレをいただく為に近付いている訳じゃぁない。

純粋に疲弊しきったニッポンを立て直して欲しかっただけなのです。

しかし、日本国にとって最大の危機の時に、国民目線で対応の出来ない国会議員サンは応援できませんねぇ。

こちらから一線を弾かざるを得ないようです。

モウヤメタ!

« パンドラの箱を開けてしまった東日本大震災 | トップページ | 土浦市烏山 「きなり」で「つけ胡麻」を喰らう(蕎麦) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51554983

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員サンから返事が来なかった:

« パンドラの箱を開けてしまった東日本大震災 | トップページ | 土浦市烏山 「きなり」で「つけ胡麻」を喰らう(蕎麦) »