« ワタシ達は3月11日以前の状態には戻れない | トップページ | リアル ジャパン »

2011年6月28日 (火)

福島原発事故関連・・日本中他人事ではなくななってきた

都内の家庭ゴミ焼却灰から放射性物質 8000ベクレル超、一時保管へ

東京都と東京23区清掃一部事務組合は27日、一般家庭ゴミなどを処理する23区内の清掃工場のうち、江戸川清掃工場で発生した焼却灰から、1キログラムあたり8千ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたと発表した。同組合によると、灰はフィルターで集められ、運搬時などは密閉しているほか、施設周辺の空間放射線量の測定結果からも、外部環境への影響はないとみている。

 都などによると、一般廃棄物の焼却灰の放射線量を測定したのは福島県をのぞく自治体では初めてとみられる。

 環境省は今月23日、「福島県内の災害廃棄物処理の方針」として、1キログラムあたり8千ベクレルを超える灰については一時保管とし、8千ベクレル以下については一般廃棄物最終処分場(管理型最終処分場)での埋め立てが可能とした。福島県外の指針は示されていないが、都はおおむねこの基準に沿って処理する一方、国に、福島県外での取り扱い方法を策定するように要請した。

 清掃工場から発生する灰には、焼却後に焼却炉の中にたまる「主灰」と、焼却時にフィルターなどに集められる「飛灰」がある。

 今回、1キログラムあたり8千ベクレルを超える放射性セシウムが検出されたのは江戸川清掃工場の飛灰で、9740ベクレル。同工場の主灰や、ほかの清掃工場の飛灰、主灰は8千ベクレルを下回った。

 このため、江戸川清掃工場の飛灰は当面、工場内の放射能を遮れる施設で一時保管される。それ以外の灰については、最終処分場に埋め立てるという。

 都では、今後も灰を継続して調査するとともに、多摩地域の市町村にも調査を要請する。

(産経ニュース)

この先も、こういったニュースがあちこちで聞かれることになるのでしょう。

東北・関東だけの問題ではなくなる日もそう遠くないはず。

真面目なところもあると先にお断りしておきますが、飲食店などはどんな食材(野菜など)を使っているのでしょうかね?私は茨城県在住ですが、例えば茨城県産のレタスなんて近所のス-パーでは通常よりめちゃくちゃ安いですよ。(だから茨城県産のレタスが悪いとは言っておりませんよ!勘違いの無いように!!)

本来、廃棄されるべき食材が怪しいルート経由で店頭に並ぶ事だって充分に考えられます。

魚にしてもそう。

水揚げされたところが産地になるんでしたっけ?(間違ってたら先に誤ります。スミマセン

総じて言えば、何でもアリってな事になりかねないのですよね。

国家があの調子ですからね・・・。

私の内も「買い物の時、余計な神経を使う」と申しておりました。

国家・自治体が総量検査に近いところまで食材を検査しない限り、疑念は晴れないのでしょうね。

「そんなの無理に決まってるだろ!」と言う方がいるのは百も承知ですわ。

しかし、国家・自治体が国民に対してなくした信頼は、そこまでしないと回復できないと思いますよ。

« ワタシ達は3月11日以前の状態には戻れない | トップページ | リアル ジャパン »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52064143

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故関連・・日本中他人事ではなくななってきた:

« ワタシ達は3月11日以前の状態には戻れない | トップページ | リアル ジャパン »