« 因果応報 | トップページ | 日本全国ホットスポットになる可能性がある »

2011年6月 7日 (火)

福島原発事故・・もはや打つ手なしなのか?

核燃料、最悪の圧力容器貫通の可能性…福島原発

東京電力福島第一原子力発電所の事故について、政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の全容が7日明らかになった。

 報告書は、破損した1~3号機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出し、格納容器内に堆積している可能性を指摘した。

 格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象。これまで圧力容器底部で、制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したことは明らかになっていたが、政府が公式にメルトスルーの可能性を認めたのは初めて。

 また報告書は、原子力安全規制の行政組織が縦割りで、国民の安全を確保する責任が不明確だったと認め、原子力安全・保安院を経済産業省から独立させ、原子力安全委員会なども含めて、体制を抜本的に見直す方針なども打ち出した。

(読売新聞)

最悪の可能性って・・・

今までの政府の事象の隠蔽体質から言っても、「最悪の可能性」って事は最悪の状態になっていると解釈するべきでしょう。

この先、どこまで行くのでしょうかね。

終点はどこにあるのでしょうかね。

いつ終点を迎えるのでしょうかね。

そして、ニッポンで生まれ育つ子供達に、国家はなんて言い訳するんでしょうかね。

「あなた達の将来・未来を奪ってしまって本当に申し訳ない。」

何事無関心で後先の事も考えずに”今が良ければそれで良し”とばかりに、現代文明を享受してきたワタシ達にも、幾ばくかの責任があるのかもしれません。

なんか書いていたら目頭が熱くなってしまいした・・・・・・

こんな事を書くためにブログを始めた訳じゃないのに・・・・・

そんな風に思ってしまうワタシは、神経質過ぎますか?

« 因果応報 | トップページ | 日本全国ホットスポットになる可能性がある »

独り言」カテゴリの記事

コメント

はじめましてm(_ _)m
大震災後にこちらのブログにたどり着き、いつも勉強させていただいてました!
私は、神奈川県相模原市に住んでいます。子供は末っ子が中学生と…大きいのですが、私も、福島の原発の件が悲しくて悔しくてなりません!
子供たちには、しきりに『雨には濡れるな!』『これから先、健康診断は必ず受けなさい!』など可能な限りに声かけしています。が…こちらが思うようにはなかなか(^_^;)
福島に比べればかなり距離があるので、こちらの方々はみな平常で過ごしていて…
どこまで騒いでいいのやら、悩みますね…!
そして一人…
爽やかな風にあたったり、美しい空を眺めては…すべて汚れてしまったんだ~とこっそり涙します…
どうか、これ以上の最悪なことが起こらぬよう…祈るばかりですね。
初めましてで長々と失礼いたしましたm(_ _)m

>ひまわり さま

お初でございます~

ワタシにとっては先の大震災、いや原発事故がワタシの価値観をほとんど変えてしまいました。

モノに対する欲(物欲)がほとんど無くなってしまいました。
自分自身驚いています。

以前は、それなりに何が欲しいとか、今度お金がたまったら何を買おうとか思っていたのですが、・・・。

神経質すぎるのか、大げさに考えすぎるのか、今の時点で、モノに対しての「かがやき」を感じないのです。

まさに『色即是空』の感なのです。


また、気になる事が書いてあったら、お声をかけて下さいまし~

初めまして。
福島県郡山市在住で2児の子供がいます。

いつもblog拝見させて頂いてます。

本当に原発問題には今までない不安を抱えて日々生活してます。
子供を外で遊ばせられません。

様子をみて,数年もこのままならどこかに移住を考えています。

本当に早く収束してほしい。

>2児ママ さま

お初でございます~

郡山にお住まいでございますか。

2児ママさまの心配事。
考えただけでもワタシも同様に胸が締め付けられる感じがします。

本当にお辛いことと思います。

早く収束の方向に向かえばよいのですが、今回ばかりは希望的観測は多く持てないような気がしています。

ほとんどの方が、今住んでいるところから離れられない事情(仕事や経済的なものなど)をお持ちなんだと思います。
(ワタシの場合もそうです)

移住が出来る環境なら、移住の検討もアリなのかもしれませんね。

今は政府から後出しではない、現在の正確な情報が欲しいとだけ願っています。


また、何かあったら気軽にお声をかけてくださいまし~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51881040

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発事故・・もはや打つ手なしなのか?:

« 因果応報 | トップページ | 日本全国ホットスポットになる可能性がある »