« 東京都汚泥の件 | トップページ | 震災からちょうど3ヶ月 »

2011年6月10日 (金)

昨夜の茨城県沖(M5.7)

9日19時38分ころ地震がありました。

震源地は、茨城県沖(北緯36.5度、東経140.9度)

震源の深さは、「ごく浅い」

地震の規模(マグニチュード)は5.7と推定されます

(気象庁)

昨夜の茨城県沖(M5.7)はけっこう長く揺れましたねぇ。

あまり茨城県沖方面では揺れて欲しくないんですけどね。

その先に見えてくるのは茨城県沖~千葉県沖にかけてのM7オーバーの地震だからです。

多数の地震予知研究者も懸念する茨城県沖~千葉県沖の大地震。

そして、先の大震災から3ヶ月たちます。(最大余震の起きやすいと言われる時期でもあります。)

それに加え、過去最大と言われる太陽フレアも発生しています。(大きな太陽フレアの発生時期と大きな地震の発生が重なった時もあるようです。)

なんとも嫌な感じです。

日本で大地震が起きないとしても、巨大太陽フレアの関係で、世界のどこかで大きな地震が発生する可能性もあります。

地震の懸念に放射性物質の懸念・・・。

3・11以来、ワタシ達の住む世界がガラッと変わってしまったような気がします。(少なくともワタシは。)

特に東北・関東周辺の方にとっては、そう思われるかも知れませんね。

とにかく備えようとしか言えない現状です。

« 東京都汚泥の件 | トップページ | 震災からちょうど3ヶ月 »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

またまた投稿です。

太陽フレアは今後どうなるんでしょうか,,

>2児ママ さま

>>今回の爆発は、太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー」によって確認された。爆発に伴い、突発的にプラズマの塊が放出される「コロナ質量放出」という現象が発生している。

>>2~3日後、この爆発によって電離したプラズマが地球上に到達する可能性もあるという。地球の電離層が乱れて、衛星放送が映りにくくなったり、GPS(全地球測位システム)に誤差が生じるなどの影響が考えられる。

こんにちわ。

今回の太陽フレアは、地球には向いていないようで、大きな変化はないようですよ。

極地でのオーロラが良く観測できるとか、そのようなレベルのようです。

心配は要らないと思いますよ。

中国では大騒ぎだったようですが・・・。

また何かあったらお声をかけてくださいませ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51906068

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の茨城県沖(M5.7):

« 東京都汚泥の件 | トップページ | 震災からちょうど3ヶ月 »