« 何やってんだ!!ニッポン!!! | トップページ | お墓はモノではありません »

2011年6月 2日 (木)

解散総選挙って・・・

不信任案可決なら…首相、解散・総選挙の構え

不信任案が可決されれば、菅首相は衆院解散・総選挙に踏み切る構えを見せている。

党内には、東日本大震災で東北地方を中心に壊滅的な打撃を受けたことで、衆院解散・総選挙は事実上、不可能だと見る向きもある。

しかし、首相はすでに総務省幹部と協議しており、衆院選は実施可能だとする政府の立場を明確にしようとしている。

首相に近い議員の一人は「首相は反対する閣僚を全員罷免してでも、解散するつもりだ」と強調する。

首相周辺には、大量の造反者を除名処分か離党勧告処分とし、その選挙区に刺客を擁立して選挙に臨む構想を口にする向きもある。

2005年の衆院選で小泉首相(当時)がとった手法をまねようというわけだが、不信任案が可決され、党内基盤の弱体化した首相に実現できるかどうか、危ぶむ声が強い。

衆院を解散した直後、首相が党代表だけを辞任し、新代表が衆院選の先頭に立つ「総・代分離」の奇策も出ている。

(読売新聞)

この日本国の戦後最大の危機の時に、国政の方々は何をやってるんでしょうね。

賛否はあると思いますが、何で今なの?

ましてや菅総理は解散・総選挙をちらつかせている。。。

被災地において総選挙なんて出来るはず無かろうもんだが。。。

それにまして大きな政治空白期間を、今この時作ってしまう国政の方々の頭の中の構造が分かりません。

国難という時なのに。。。。。

今11時に書いています。

今日の午後がどうなりますことやら。。。。。

『空』(くう)を感じております。

« 何やってんだ!!ニッポン!!! | トップページ | お墓はモノではありません »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

秋に辞任とのことですね。こんなに短いサイクルで総理大臣かわる国・・・。他にないですよね。
戦後最大の国が大ピンチという時に、なぜ人をこき下ろすことしか考えられない政治家たちよ!!!
ますます日本が他国から、白い目で扱われてしまうんじゃないでしょうか・・・。
原発のことも、体育館で避難生活してる方々の事も、何処か遠い国の出来事だと思ってるんでしょうか・・・。
怒りばかりが溢れてきます!!!
日本も国民が、大統領を選ぶほうがいいのでは・・(リーダーシップを発揮できる人間がいるか疑問ですが(゚ω゚?))。
長文失礼しました。

>Happyさん さま

何が何だかわからない政界でございます。

こういった合間にも被災地の人々は疲れ果て、原発事故関連は深刻さを増し、日本は世界から取り残され・・・・

「もう、どうにでもなれぇ~」と叫びたくなる心境です。(我慢してますが…)

ホント情けない…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/51833177

この記事へのトラックバック一覧です: 解散総選挙って・・・:

« 何やってんだ!!ニッポン!!! | トップページ | お墓はモノではありません »