« 酒井雄哉大阿闍梨関連 | トップページ | スーパーホットスポットなるものがあるらしい »

2011年7月13日 (水)

福島県の高校野球予選も大変やね

<夏の高校野球>福島大会が開幕 球場で放射線量を計測

東日本大震災による東京電力福島第1原発事故に見舞われた福島県で13日、第93回全国高校野球選手権福島大会が開幕した。

開成山球場(郡山市)での開会式を前に、球場では午前6時半ごろから大会役員が5カ所で放射線量を計測。

文部科学省が屋外活動を制限する基準値で、大会本部も試合中止の基準とする毎時3.8マイクロシーベルト以上に達した場所はなかった。

本塁上、外野芝生の中堅付近、三塁側ダッグアウト、スタンドのバックネット裏、三塁側で計測し、最高は中堅の2.2マイクロシーベルト、最低はバックネット裏席の0.2マイクロシーベルトだった。

 87チームが参加する大会は県内7球場で開催され、各球場で毎朝、放射線量を測る。

メーン会場の開成山球場では原発事故後、約570万円をかけて、グラウンドの土部分4091平方メートルを入れ替え、6月中旬にはボランティア約150人が観客席などの除染作業を行った。

 午前10時からの開会式は放射線対策のため、入場行進も簡略化し、外野からマウンド方向へ進む形を取った。

選手宣誓では学法福島の塩瀬龍主将(3年)が「思い返せばこの数カ月、本当にがっかりするような嫌な思いをしました。しかし、その一方で、本当にうれしく、感動にあふれる、人との触れ合いもありました」

「勝ち負けの枠を取り払い、人と人のつながりを大切にした日本一熱い夏にします」などと誓った。

(毎日新聞)

放射線量を計測しながらの高校野球ってのも、なんかおかしくないかい?

入場行進も放射線対策のため簡略化までしてさ。

そこまで気を使ってるなら、スライディングも出来ないじゃん。

球児達も甲子園を目指したいだろう。

それの気持ちは痛いほどわかるよ。

しかし、放射線値がお上が決めた値以下だったら、試合OKってのはおかしくないかい?

その値に何の根拠があるんだろう・・・。

だって、入場行進まで簡略しなければならないんだよ。

311以降、日本は以前とは変わったって認識を、もうちょっと持ってもいいかなと思うけどな。

« 酒井雄哉大阿闍梨関連 | トップページ | スーパーホットスポットなるものがあるらしい »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52195708

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の高校野球予選も大変やね:

« 酒井雄哉大阿闍梨関連 | トップページ | スーパーホットスポットなるものがあるらしい »