« 伊豆半島周辺注目 | トップページ | 『安全デマ』VS『危険デマ』 司法の場へ »

2011年7月20日 (水)

3年で14%マイナスになったグロソブ

3年で14%マイナスになったグロソブ

グローバルソブリン債ですが、今や誰も報じようとしませんが、その実態は以下のようになっています。

基準価格  : 5,079円(-60円:-1.2%)

純資産残高 : 2兆3523億円

騰落率

3年 -14.16%
5年 - 5.53%

5兆円突破のファンドと言われていましたが、今やその半分以下になり、しかも基準価格が5,000円割れ寸前にまで下落してきているのです。

今後、解約が更に進めば、今まで含み益のある債券を売却せざるをえない状況に追い込まれますので、更に基準価格が下落することになり、これが更に解約を招くという「負の循環」に陥りかねません。

この【グロソブ】に1,000万円、3,000万円単位で退職金を託した高齢者も多かったようですが、今や膨大な損を抱え、身動きできない状態になっている高齢者も多くいる筈です。

(Nevada)

数年前、地元の銀行員のお姉さまが、積極的に売りに来ていたグローバルソブリン債。

お姉さま:『ワタシも500万円買ってます。配当はこんなになるんですのよ・・・。』

ワタシ:『はぁ~』

お姉さまは自分の配当の手紙をワタシに見せ付けたりしながら、『定期にしてある○○万円をグロソブ債にすれば、電卓パチパチ・・・・こんなにも配当が付きますよ。ぜひぜひお勧めしますぅ~』

なんて言われたっけ。

銀行員と・保険屋の甘言には乗らない。

これを鉄則としているワタシでございます。

結果大正解でございますな。

« 伊豆半島周辺注目 | トップページ | 『安全デマ』VS『危険デマ』 司法の場へ »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52258357

この記事へのトラックバック一覧です: 3年で14%マイナスになったグロソブ:

« 伊豆半島周辺注目 | トップページ | 『安全デマ』VS『危険デマ』 司法の場へ »