« そこまで騒ぐことなのか? | トップページ | Xデーが近づいてきたらしい »

2011年8月25日 (木)

汚染まみれ列島か・・・

今頃になって「原発周辺は住めません」なんて、よく言うワ

<辞める菅がドサクサ謝罪のデタラメ対応>

 これはもう、明らかな犯罪ではないか。政府が今頃になって、原発周辺の住民に「戻れない」事実を伝える方針を決めたことだ。

 判断の根拠になったのは19日、文科省が発表した原発周辺50地点の推計積算放射線量だ。そこにとどまった場合、1年間でどれだけの放射線を浴びるか。初めて集計、推計値を出したもので、最高は原発から3キロ離れた福島県大熊町小入野の508ミリシーベルト、22キロ離れた浪江町でも229ミリシーベルトだった。さすがに立ち入り禁止の解除は無理と判断し、菅首相が27日、福島入りし、陳謝することになったのだが、あまりにふざけた話だ。

 周辺地域がこういう事態になっていることは多くの専門家が指摘していたし、菅自身、4月に松本健一内閣官房参与と「20年は住めない」と話していたのだ。菅は自分の発言ではないとゴマカしたが、当の松本が週刊文春(8月25日号)でこう語っている。

〈4月13日に京大原子炉実験所の今中哲二助教が飯舘村の土壌から1平方メートルあたり2200キロベクレルのセシウム137を検出し、人が住むのに適したレベルではないと発表していました。実は文部科学省も同様のデータを持っていたのですが、パニックになるという理由でずっと隠していたのです。私は菅首相に「ここの人々は避難させないといけない」と進言しました。「10年20年住めない」という言葉は、そのときに交わされました。少なくともそれは2人で共有した事実でした〉

 それなのに、今まで事実を隠し、自分が辞めるドサクサまぎれでデータを出して、住民の怒りの矛先をかわす算段なのである。

「ひどい話ですが、こういう振り付けをしている官僚がいるのだと思います。いきなりデータを出すとまずいから、様子をみる。ガス抜きが終わったところでポロッと出す。責任はすべて辞める首相におっかぶせて、自分たちは生き残る。国民の健康や財産のことなど眼中になくて、とにかく、都合の悪いことは隠す。それがこれまでの原子力行政なのですよ」(ジャーナリスト・岩上安身氏)

 こうした犯罪的な官僚は菅もろとも、しょっぴくべきだし、大体、他にも「官邸の犯罪」は次々に明らかになっている。

 東大の児玉龍彦教授は線量が低い地域から高い地域に子供を移動させている実態を指摘、首相にメールを出したが、無視された。米国務省のケビン・メア元日本部長は著書「決断できない日本」(文春新書)で震災後、米国は放射能対応で協力できる品目を提示したが、日本政府の反応が鈍かったことをバクロした。

 こうした結果が“汚染まみれ列島”なのである。いまごろ、菅が謝って済むと思ったら大間違いだ。

(日刊ゲンダイ2011年8月22日掲載)

こういった事になるだろう事は分かっていましたが、本当に今の国家中枢(与野党や官僚)には、あきれ返って声も出ませんわ。

こういった事は官僚が下で牛耳っていることは、政治素人のワタシにだって分かります。

腐りきった官僚機構がなくならない限り、この日本国家は良くならないでしょうね。

いっそ、国家官僚たちがぶっ飛ぶほどの何かが起きて欲しいと願ってしまいますわ。

ワレワレ国民はそこまで愛想尽かしているんだって事を分かって欲しいモンですわ。

どうせ分からないだろうケド・・・・・。

« そこまで騒ぐことなのか? | トップページ | Xデーが近づいてきたらしい »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

意思 (will) は、未来時制の内容である。
日本語には時制がないので、日本人には意思というものが存在しない。
だから、意思決定もできない。
個人選びが意思決定につながらない。
選挙で選挙民の意思が決定されるものとは考えていない。
何回選挙を繰り返しても、反対派は収まらない。選挙民は相も変わらず歌を詠む。
これは理屈ではないのでエンドレスである。もののあわれか。

日本人には意思がないが、恣意 (self-will) がある。子供・アニマルと同じである。
リーズン (理性・理由・適当) に基づいた自己主張というものは知らない。
物事の決着は、構成員の恣意 (私意・我儘・身勝手) の摺合せにより行うものと信じられているようだ。
そのための手立てが談合である。
話の筋よりも、その場の気分・雰囲気が大切である。
腹案を成案にまで仕上げて公表する努力も失われがちである。
だから、日本人には談合・根回しが大切で、議論を目的にする議会は形骸化する。
談合・根回しは外国人に通用しない手法であるから、日本は国際社会で孤立しがちである。
偉大な政治家は育たない。
我が国の民主主義に魂が抜け落ちているのは、この点である。

あるインド人が言った。「日本人は、’ありがとう,ありがとう’を言い過ぎる。人は、為すべきことを為すだけである」と。してみると、「人民のためになる政治家を選ぶ」という考え方もおかしいのかもしれない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

>noga さま

ご無沙汰でございます。

ワタシにはnogaさまのコメントを理解するのは難解なのですが、日本はこのままだと思います。

何も変わらぬまま似非の政治が続くと思いますな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52564221

この記事へのトラックバック一覧です: 汚染まみれ列島か・・・:

« そこまで騒ぐことなのか? | トップページ | Xデーが近づいてきたらしい »