« 山百合の群生スポット | トップページ | 国家は国民を被ばくさせる道を選んだっていうのか? »

2011年8月19日 (金)

福島県沖 M6.8

8月17日に起きた地震(関東東方沖 M5.9)でコメントを出していました。

http://hiro556.tea-nifty.com/blog/2011/08/post-42d0.html#comments

M5.9が前震でないことを祈ると書いたのですが、本震(大きな余震)が来てしまったようです。

19日14時36分頃地震がありました。

震源地は福島県沖 ( 北緯37.6度、東経141.9度、牡鹿半島の南南東80km付近)

震源の深さは約20km

地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定されます

(気象庁)

2011081914410000 これでまた茨城県沖~千葉県東方沖の地震の発生の懸念が、もうワンランクあがりました。

「備えあれば憂いなし」

ワタシ達にはそれしか手立てがありませんから、「備え」だけはしっかりしたいものです。

« 山百合の群生スポット | トップページ | 国家は国民を被ばくさせる道を選んだっていうのか? »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52513879

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県沖 M6.8:

« 山百合の群生スポット | トップページ | 国家は国民を被ばくさせる道を選んだっていうのか? »