« 関東東方沖M5.9発生 | トップページ | 山百合の群生スポット »

2011年8月18日 (木)

福島原子力発電所事故は現在進行形です

福島の子ども、半数近くが甲状腺被曝 政府調査で判明

 東京電力福島第一原子力発電所事故をめぐり、政府の原子力災害対策本部は17日、福島県の子ども約1150人を対象にした甲状腺の内部被曝(ひばく)検査で、45%で被曝が確認されていたことを明らかにした。

17日、同県いわき市で開かれた説明会で発表した。

すぐに医療措置が必要な値ではないと判断されているが、低い線量の被曝は不明な点も多く、長期的に見守る必要がある。

 検査は3月24~30日、いわき市と川俣町、飯舘村で0~15歳の子どもを対象に実施した。原子力安全委員会が当時、精密検査が必要だと決めた基準は甲状腺被曝線量が毎時0.20マイクロシーベルト以上。

1150人のうち、条件が整い測定できた1080人は全員、0.10マイクロシーベルト以下だった。

 この日、説明会には、検査を受けた子どもの保護者ら約50人が参加した。

対策本部原子力被災者生活支援チームの福島靖正医療班長は「問題となるレベルではない」と説明した。

(asahi.com)

3月末の検査で8月中旬の結果発表なんて、政府は何やってんだかね・・・。

たかが千人くらいの人数の検査で、ここまで発表が遅いとは・・・。

仮に早い段階(4月上旬とか)で検査結果が分かっていたら、避難させた親御さんもいたかもしれません。

それに、放射性物質の飛散が事故当初より、格段に少なくなっているとのコメントもありましたが、少なからず現在も放射性物質は飛散中な訳で、決して収束(飛散が止まった)していません。

収束に向かって努力しています・・・ってな感じなのでしょう。

ワタシ達も福島原子力発電所の事故は、現在進行形なのだという認識を強く持って今後のニュースなどを見ていく必要があると思います。

風化させてはいけません。

決して過去形ではないのです。

現在進行形は、この先数十年・・・いや百年単位続くものだという感覚を持つべきです。

食品や商品は物流によって、次の日には日本全国のお店に並びます。

日本全国津々浦々、現在進行形なのです。

そして、原発事故当初に係わった、政府・関係省庁・原子力安全保安院・東電などの意思決定責任者の責任は、厳しく追及されるべきだと思いますな。

« 関東東方沖M5.9発生 | トップページ | 山百合の群生スポット »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52503473

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原子力発電所事故は現在進行形です:

« 関東東方沖M5.9発生 | トップページ | 山百合の群生スポット »