« 国家は国民を被ばくさせる道を選んだっていうのか? | トップページ | アルジャジーラ「医師が福島の放射線に警告」ですか »

2011年8月22日 (月)

俳優の竹脇無我(たけわき・むが)さんが死去

テレビドラマ「だいこんの花」などに出演し、クールな二枚目として活躍した俳優の竹脇無我(たけわき・むが)さんが、死去した。

 67歳だった。告別式は未定。竹脇さんは、21日未明に東京都大田区内の自宅で倒れ、救急車で都内の病院に搬送されていた。

 1960年、高校在学中に16歳で映画「しかも彼等は行く」でデビュー。映画「アンコ椿は恋の花」「人生劇場」「花と龍」など、メロドラマからアクション作品まで数多くの作品に出演。テレビでもドラマ「姿三四郎」「大岡越前」「元禄太平記」「岸辺のアルバム」などに出演した。

 著書に、うつ病体験を記した「

凄絶

(

せいぜつ

)

な生還」がある。

(読売新聞)

最近、テレビで見る人の訃報が多いですね。

大岡越前での竹脇無我さんの医者役が大好きでした。

中学生の頃(たぶん)、授業が終わったら即行で早く家に帰って、夕方4時からの「大岡越前」を見るのが楽しみな時もありましたっけ。

「大岡越前」のテーマソングも好きでした。

今日は知人の葬儀があって、こういったニュースを見ると、なんとなく悲しい気分になります。

自分が育ってきた時に見ていた俳優さんなどの逝去のニュースは嫌ですね。

自分自身がそういった年代になりつつあるんだなぁ~と少しだけもの悲しい感覚にとらわれます。

!!

いや!

ワテはまだまだこれからや!

まだやらなくてはならない事がぎょうさん残ってるんや!!

・・・と思いかえす午後のひと時でございます。

知人と竹脇無我さんに合掌でございます。

合掌

« 国家は国民を被ばくさせる道を選んだっていうのか? | トップページ | アルジャジーラ「医師が福島の放射線に警告」ですか »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52540018

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優の竹脇無我(たけわき・むが)さんが死去:

« 国家は国民を被ばくさせる道を選んだっていうのか? | トップページ | アルジャジーラ「医師が福島の放射線に警告」ですか »