« 詰んだ | トップページ | 地震雲・・大きめの余震に注意! »

2011年8月 3日 (水)

皆の衆、「千年に一度の地震の世紀」だってどうする?

「千年に一度の巨大地震の世紀」 東海・東南海・南海3連動と首都圏直下型地震も 平安時代に匹敵と地震考古学の研究者

 東日本大震災規模とされる平安時代の貞観(じょうがん)地震(869年)や関東直下型地震、東海・東南海・南海地震の3連動とみられる仁和(にんな)地震など9世紀に起きた地震が、阪神大震災(平成7年)以降の地震の状況と酷似していることが、産業技術総合研究所の寒川(さんがわ)旭(あきら)・招聘(しょうへい)研究員(地震考古学)の分析でわかった。

近い将来に首都圏直下型や3連動型地震が起きる可能性が高いとの見解を示し、「千年に一度の巨大地震の世紀になるかもしれない」と警鐘を鳴らす。

 寒川氏は、古代以降の文献史料とともに、各地の遺跡で発掘された地割れや液状化現象による噴砂などの地震痕跡を調査。

9世紀前半に関東北部や東北などでマグニチュード(M)7前後の地震が相次いだ後、貞観地震が発生していることを確認した。

 貞観地震は当時の歴史書「日本三代実録」に、「海は猛(たけ)り吼(ほ)え、津波が怒濤(どとう)のように多賀城下に押し寄せ、千人がおぼれ死んだ」と記述。当時の海岸から約5キロ内陸の多賀城跡(宮城県多賀城市)周辺では道路が寸断された跡が見つかり、仙台市などでは津波で運ばれた堆積物もあった。 878年には関東南部でM7以上の直下型地震が発生。887年の仁和地震では、日本三代実録に「都(京都)の建物は倒壊し、圧死する者多数。海岸には海潮(津波)が押し寄せ、無数の人がおぼれ死んだ。大阪湾岸も津波被害が甚大だった」と記録。

東海から四国にかけて甚大な被害があったという。

 寒川氏の分析によると、最近数十年間に秋田などで死者100人以上を出した日本海中部地震(昭和58年、M7・7)や阪神大震災(M7・3)、新潟県中越沖地震(平成19年、M6・8)など各地でM7前後の地震があり、その後東日本大震災が発生した点が、平安時代の状況と共通していると指摘した。

首都圏直下型地震や東海・東南海・南海地震について寒川氏は、いずれもフィリピン海プレートの影響下にあり関連が深く、過去の首都圏直下型や仁和地震に匹敵する3連動型地震が発生する可能性が高いとした。

 また、6月30日に長野県中部で起きた震度5強の地震は、千年あまり活動がなかった牛伏寺(ごふくじ)断層付近で発生。

7月5日にも和歌山県北部で震度5強の地震があったことからも日本列島が活動期にあることが改めて浮き彫りになった。

 一方、古代以降、M8・2程度の元禄関東地震(1703年)や3連動型の宝永地震(1707年)があった「18世紀初め」、安政東海地震(1854年)や、高さ9メートルの津波が襲ったという翌日の安政南海地震、死者1万人といわれる安政江戸地震(1855年)が起きた「幕末」にも巨大地震が集中したが、三陸沖では東日本大震災に匹敵する地震はなかった。

 寒川氏は「東日本大震災では『想定外』という言葉がしばしば使われたが、文献史料には過去の巨大地震が詳しく記されており、決して想定外ではない」と話した。

 古村孝志・東大地震研究所教授(地震学)の話「これまで、江戸時代以前のデータは不確かさがあるということで防災対策などでもあまり注目されなかったが、今回を教訓に文献史料などを見直さないといけない。

東日本大震災後の余震は以前より落ち着いてきたが、陸のプレート深部はまだ動いており、バランスをとるために再び大地震が発生する可能性が高く、対策が急がれる」

(産経ニュース)

「とうとう来たか・・・駿河湾で地震」のkazukiさんへの返信コメントを流用しながら・・・

***************

今は「千年に一度の地震の世紀」のようでございますな。

と言うことは、何でもアリってな事になるのでしょう。

嫌な時代に生まれたと思うのか、千年に一度の時代に生まれた事を「何が起きるのか見てやる!」くらいの気持ちを持つのかは人様々だとは思います。

ワタシ的には、(被害が無いことが前提となりますが)何が起きるのかこの目で見てやる!派なのです。

それには、自身のしっかりした備えが必要なのは言うまでもありません。

『備えあれば憂いなし』で、しっかりと備えて何が起きるのかを検証したいと思っています。

この時代に生まれてきてしまった事は、変えようがありませんから、嫌な時代に生まれてしまったと思ってしまう方々も、『備えあれば憂いなし』の精神で乗り切っていくしかないのかもしれませんね。

最近ワタシが気になっている「8月 詰んだ」のイメージ。

どうしても この二つの言葉が気になるのです。

『備えあれば憂いなし』の備えの再確認をワタシもそうですが、このブログを見ていただいている皆の衆にもオススメします。

***追記***

しかし、福島原子力発電所の事故だけには参りました。

人間が制御できないものは造ってはいけませんよ・・・・。

« 詰んだ | トップページ | 地震雲・・大きめの余震に注意! »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52378868

この記事へのトラックバック一覧です: 皆の衆、「千年に一度の地震の世紀」だってどうする?:

» 9世紀と酷似 巨大地震に警鐘 [時々時事爺]
色んなコト言う奴はでてくるわな [ニヤリ/]学術的にどこまで可能性のある話なのか分からんような情報は報道する価値あんのか疑問。過去にさかのぼって、あの時と同じ規模だったとか照らし合わせるだけならまだし...... [続きを読む]

« 詰んだ | トップページ | 地震雲・・大きめの余震に注意! »