« アインシュタインがアイ~ンとな | トップページ | 梨の王者 茨城の豊水 »

2011年9月24日 (土)

福島第一原発1号機 水素爆発の懸念か

配管内、ほとんど水素か=「爆発恐れなし」見解変えず―福島第1原発事故

福島第1原発1号機の格納容器につながる配管から1%を超える濃度の水素が検出された問題で、東京電力は24日、配管内部の気体はほとんどが水素である可能性が高いと発表した。

東電の松本純一原子力・立地本部長代理は同日の記者会見で、「着火源がないので、直ちに爆発のリスクが高いとは言えない」と述べた。

 東電によると、23日午後に配管の出口部分の気体を複数回測定したところ、いずれも「水素を含む可燃性ガスが100%以上」との数字が出た。

今後、水素だけを計れる測定器を用意し、正確な濃度を測定する方針。

(時事通信)

「直ちに爆発の危険が高いとは言えない」と東電が言っているという事は、爆発の危険があるという事になりますか・・・。

隠蔽・ごまかし・ウソ・やらせが平常業務化している組織の事でございます。

まともな部門も沢山あるんでしょうけどね。

東電のインフォメーションなど信用せず、自分自身で情報獲得したほうが良さそうですよ。

自分の身は自分で守る。

これニッポンにおける原子力災害から身を守る鉄則でございます。

« アインシュタインがアイ~ンとな | トップページ | 梨の王者 茨城の豊水 »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52819658

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発1号機 水素爆発の懸念か:

« アインシュタインがアイ~ンとな | トップページ | 梨の王者 茨城の豊水 »