« ギブソンギターにFBI捜査? | トップページ | 野田新政権に期待なノダ »

2011年9月 5日 (月)

台風被災地周辺での地震に要注意

「深層崩壊」警戒を たまる雨水、地盤もろく

西日本をゆっくりと横断した台風12号は、紀伊半島を中心に記録的な大雨を降らせ、各地で土砂崩れを引き起こした。

専門家は「たまった雨水がさらに土砂崩れを起こす危険がある」と2次被害や、規模が大きい「深層崩壊」発生に警戒を呼び掛けている。

「山の斜面から濁り水が噴き出しているところは要注意」。

高橋保・京都大名誉教授(土砂災害)は、大量の雨により、地盤の深部に水がたまって発生する深層崩壊の危険性を指摘する。

メカニズムはこうだ。

山肌にしみこんだ雨は地下水となり、岩盤のひび割れなどに時間をかけてたまる。

その付近は水圧の影響で強度が低下しやすく、雨が降りやんだ数日後でも山崩れを起こす可能性がある。

表層土とともに深層の地盤までもが崩れ落ち、表層だけが崩れる場合よりも規模が大きくなるという。

(産経ニュース)

今回の台風で被災された方々にお見舞いを申し上げるとともに、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

**********

上記のニュースにもあるように、異常な量の雨を降らせた台風12号です。

被災した周辺では地盤がかなり緩んでいると思われます。

小さい地震でも、これをきっかけに土砂崩落を起こす懸念があります。

気になる場所としては紀伊半島。

3月の大震災以降、紀伊半島周辺でも中規模の地震が起きたことがあります。

震度4、震度3のレベルでもかなりの危険を伴うと考えます。

今週は紀伊半島周辺で中規模であっても地震の発生に対して注意すべきです。

« ギブソンギターにFBI捜査? | トップページ | 野田新政権に期待なノダ »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52652312

この記事へのトラックバック一覧です: 台風被災地周辺での地震に要注意:

« ギブソンギターにFBI捜査? | トップページ | 野田新政権に期待なノダ »