« 台風の爪あと | トップページ | アインシュタインがアイ~ンとな »

2011年9月22日 (木)

猫の目は宇宙人

「光が追いかけてくる!」豪州で相次ぐUFOの追跡事件

近年世界中でUFOの目撃証言が相次いでいる。

中国では人民解放軍がUFOと戦闘したとの情報が流れ、南米グアテマラ共和国ではUFOが目撃された前後に変異体の豚が誕生したと報じられている。

多数の目撃報告があるにも関わらず、宇宙人の姿はいまだに確認されていない。

そんななかオーストラリアでは、UFOが車を追いかけてくる事件が相次いで発生しているという。

しかも報告されたものは、発生した事件のうちの一部であり、実際にはもっと多くの市民が被害を受けている可能性があるというのだ。

もっとも最近の報告によると、豪州北部のテナントクリークで高速道路を走っていた男性が、謎の光に追跡されたという。

この男性はステュアート・ハイウェイを南に向かって走行していた。時間は午前3時半頃のことだ。

すごいスピードで後方から近づいてくる光が見えた。

当初は後続車だと思っていたそうなのだが、車のヘッドライトよりもまぶしい光を放っており、しかもその光源は上空にあったという。

グイグイと近づいてくると、光は車の後方上空にピッタリとついたまま、どこまでも追いかけてきた。

光はオレンジを帯びた白色で、巨大なものだったそうだ。

男性はとにかく逃げようと猛スピードで車を飛ばしていたのだが、気が付いたときには光はすでに消えていた。

これと似たような事件が、テナントクリークの北500キロの町でも発生している。

現地のUFO専門家によれば、「この地域では珍しいことではない」と言っているのである。

珍しいことではないにしても、市民は不安を感じざるを得ないだろう。

ちなみに豪州原住民アボリジニの間では、上空から降り立つまばゆい光のことを「min min」と呼ぶそうだ。

果たしてこの光は一体何なのだろうか?

もしもUFOだとしたら、どんな目的で車を追跡しているのだろうか。

全貌がいち早く解明されることを願う。

(ロケットニュース24)

本当に最近、謎の光る飛行体(UFO)の報告が多いですね。

ユーチューブで検索すれば、たくさんのUFOを見ることが出来ます。

それに絡んだ奇妙な出来事も起きているようです。

お隣中国ではUFOブームだとも聞いています。

地球全体が地震・原子力災害や風水害、大干ばつで大きな被害を受けているところに、世界を覆う金融危機でございます。

病んだ地球に謎の飛行体UFO。

D0040882_14351346 何でもアリのこのご時世、猫の目をした宇宙人が『コンニチワ』ってな事もあるかもしれませんよ。笑

現にカッパ寿司周辺では宇宙人が出没してるようだし・・・。猛爆!

笑 猛爆! じゃなくて、本当にあってもおかしくないですよ。

こうなったら宇宙人に地球全体の建て直しを願うしかないですな。

地球人ではこの地球は建て直せそうもありません。

*タイトルの「猫の目は宇宙人」はワタシが子供の頃に見たテレビにあったコピーです。

 懐かしいやろぉ~

« 台風の爪あと | トップページ | アインシュタインがアイ~ンとな »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52798869

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の目は宇宙人:

« 台風の爪あと | トップページ | アインシュタインがアイ~ンとな »