« 先延ばしすればするほど傷は深くなる | トップページ | 茨城県南部地震→関東大震災 »

2011年9月15日 (木)

東電の賞与回復「認められない」 調査委

東電の賞与回復「認められない」 調査委

東京電力が来年度から3年間の電気料金の値上げ終了後に、半減中の一般社員の賞与水準を元に戻そうとしている問題で、政府の第三者機関「東電に関する経営・財務調査委員会」は14日の非公式会合で、「15年度に賞与水準を回復することは認められない」との考えで一致した。

 15%という電気料金の値上げ幅についても、委員から批判的な声があった。

ただ、値上げの理由としている火力発電所の燃料費の増加が、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の行方に左右されるなど見通しが不透明なため、是非の判断は先送りした。

 東電は賠償や事故対応の費用を捻出するリストラの一環として、7月から一般社員の賃金の5%、賞与の5割を削減中。

賃金カットは賠償が終わるまで続ける方針だ。ただ、原発事故の収束や電力供給にあたる社員の士気を保つため、さらなる給与水準のリストラについては否定的な声もある。

(朝日新聞社)

7758 そんな判断、あたり前田のクラッカーだってぇの!

電力量の値上げ(3年間だっけ?)の期間は、役員報酬1/2カット、一般社員は賃金5%カット・賞与は1/2カット。

そのくらい当たり前でしょう。

社員の士気を保つため?

何甘い事言ってんだろうね。

それくらいで士気が下がるような社員はリストラでしょう。

もっといい社員になってくれる人材はこの世の中、五万といるわな。

この世の中、東電より待遇の良い会社はそう滅多にありませんからね。

ワタシの知っている中でも、ちょっとした事(精神的な事案)を理由に会社を休み放題の社員を知ってますがな。

本人が言ってましたよ。

「いくら休んでもお金はもらえるとね。」

ワタシはそういった奴はちっとも羨ましくはないけど、そういった奴らの為に高い電力量を支払ってると思うと馬鹿らしくなる時もありますよ。

中には本当に真面目にやっている方も知ってるんですけどね・・・・・。

« 先延ばしすればするほど傷は深くなる | トップページ | 茨城県南部地震→関東大震災 »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52735571

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の賞与回復「認められない」 調査委:

« 先延ばしすればするほど傷は深くなる | トップページ | 茨城県南部地震→関東大震災 »