« 一関市長の抗議に対して武田教授の返信 | トップページ | カップヌードルごはん を食べてみた »

2011年9月 9日 (金)

安い放射線測定器の使い道

10万円未満の放射線測定器 9種類すべてが不正確 国民生活センターテスト結果

 インターネットで10万円未満で購入できる放射線測定器について、国民生活センターは8日、放射線を照射するテストを行った9種類すべてで正確な測定ができないとする結果を公表した。

センターは「食品が国の暫定基準値を超えているかの測定もできない。値を直ちに信頼しないで」と呼びかけている。

 センターによると、テストしたのは中国製とみられる3万~6万円台の9種類。

放射性セシウムによる放射線を10回照射したところ、すべての種類で測定値にばらつきがあり、平均値も実際より低かった

また、毎時0・06マイクロシーベルト以下の低線量が正確に測定できなかったため、同0・007マイクロシーベルトに相当する野菜や肉などの基準値、1キロ当たり500ベクレルは測定できないという。

 また、4種類はネット上の広告で「高感度」といった、正確な測定ができると誤解させる表示などがあり、センターは景品表示法違反の可能性もあるとみて、消費者庁に指導を要望した。

 センターには7月末までに測定器に関する相談が391件寄せられた。

そのうち122件が「測定値が2種類しか出ない」といった性能に関する相談だった。

(産経新聞)

上記の記事を読んだ限りでは、安い中国製(6万円以下)の放射線測定器では正確に放射線の測定が出来ないらしいですな。

中国製の測定器、現地で購入したら笑っちゃうほど安いんでしょうな。(そんな想像がつきます)

不覚にも安い中国製の放射線測定器を購入してしまった貴兄に、別の角度からの考え方を伝授しましょう。

国民生活センターのテストによると、実際値より全て低い値の測定結果が得られたとの事。

それを考えれば、キロ当たり500ベクレル以下が計測できないとなれば、測定できちゃったものは500ベクレルを超えている(ひょっとしたら大きく超えている)可能性が十分あるって事にはなりますまいか。

細かい数値を求めるんではなく、測定できちゃったモノはそれなりに汚染されているとの判断にはなると思いますよ。

せっかく買った放射線測定器です。

有効に使ってみてはいかがでしょうかね。

« 一関市長の抗議に対して武田教授の返信 | トップページ | カップヌードルごはん を食べてみた »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52683962

この記事へのトラックバック一覧です: 安い放射線測定器の使い道:

« 一関市長の抗議に対して武田教授の返信 | トップページ | カップヌードルごはん を食べてみた »