« 迷う事はないのデス | トップページ | 800万強奪容疑で77歳逮捕か・・・。 »

2011年9月 2日 (金)

建設費3億6千万円の橋 石飾りは糊付けでポロリ・・中国

建設費3億6千万円の橋 石飾りはポロリ=河南省

【大紀元日本9月2日】

河南省鄭州市鄭東新区にある約3億6千万円の建設費で造られた「夏意橋」に最近異変が起きた。

橋の両側の高欄に設置されていた80個の石飾りが、片側で3割以上消失している。

石飾りは高欄から落ちており、糊で接着していたことが判明した。

毎日、橋を行き交う市民らはこの橋全体の品質を懸念している。

東方今報によると、全長350メートル、幅50メートルの立派なこの橋の石飾りは、高欄と同一の石材から彫刻されたものに見えるが、実際は別々のものを糊で接着しているだけだという。

繋ぎの部分の糊は黄色や黒色で、コンクリートが露出している部分もあるという。

ちょっとでも力を入れれば石飾りがポロリと取れてしまうことから、市民らの間では「適当にごまかして作った橋」というの批判の声が出ている。

これに応えて、鄭州市市政管理局の職員は橋の設計問題を認めた。

2009年9月30日に正式に開通されたこの橋は、わずか49日で出来上がった「史上最短工事」として、地元では大々的に宣伝され褒め称えられた。

一方、ネットユーザの間では「糊で接着した橋やビルが多すぎる」「10キロ以上ある石飾りが落ちるというのは危険すぎる」という書き込みが殺到した。

いかにも、お隣中国らしいニュースでございますな。

ワタシが大好きだけど大嫌いな中国の一面を見たようでございます。

こういった事はお隣中国の話なんて笑っている場合じゃないんですよ。

ワタシ達の身近なところでも中国の『適当にごまかした』はあるのですよ。

Iro1 例えばお墓。

墓石ですな。

ワタシの業界でも中国産墓石の『適当にごまかし』はごく当たり前のようにあるのですよ。

写真を見てください。

Iro2 『日本増光剤』『石材着色剤』と書いてあるのが分かるでしょう。

そうです。

中国で作った墓石に塗られて輸入されてくるのです。

これで石の品質が悪くても、艶(光)が鈍くても、良品(上物)に見せかけることができるのです。

これはワタシが実際に中国の石材工具販売店で撮った写真です。

安かろう悪かろうの中国商品。

それに

高かろう悪かろうの中国商品も存在するのです。

恐るべし!中国。

なんでも安いのには訳があるのですよ。

**お断り**

中国の石材店にも良品を作っているところも存在いたします。

« 迷う事はないのデス | トップページ | 800万強奪容疑で77歳逮捕か・・・。 »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52627239

この記事へのトラックバック一覧です: 建設費3億6千万円の橋 石飾りは糊付けでポロリ・・中国:

« 迷う事はないのデス | トップページ | 800万強奪容疑で77歳逮捕か・・・。 »