« お金持ちには不景気なし | トップページ | マルゲリータは旨いのぅ »

2011年10月 8日 (土)

来週も金融は大荒れの予感

一気に21行も格下げ(イギリス・ポルトガル)

ムーディーズは、イギリスの12行を格下げし、ポルトガルの9行も格下げしています。

主な格下げは、ロイズが一段階、RSBが2段階となっており、中には5段階格下げされた金融機関も出てきています。

今後、更なる格下げが行われる可能性が強く、特に、イタリアは今月中にも数段階格下げされる金融機関が続出するのではないかと言われており、ジャンク格に格下げされ経営破たんする金融機関が続出すれば、イタリアの金融危機が一気に表面化します。

今はベルナンキFRB議長金融緩和発言で世界中の株式市場が買われ、金融市場が平穏となっていますが、果たしていつまで持つでしょうか?

また、ヨーロッパの金融緩和発言も飛び出し、これでヨーロッパ通貨が買われていますが、これもいつまでもつか、時間の問題だと言えます。

日本の金融機関の格下げが、全ての準備が終わるまで、行われないことを望むばかりですが、みずほの109円という株価が格下げ危機を示唆していなければ良いですが。

(Nevada)

イタリアとスペイン格下げ、ユーロ圏危機悪化で=フィッチ

格付け会社フィッチは7日、イタリアとスペインのソブリン信用格付けを引き下げた。ユーロ圏債務危機の悪化や、両国の財政健全化をめぐるリスクを理由に挙げた。

 フィッチは、イタリアの格付けを「AAマイナス」から1段階引き下げ「Aプラス」に、スペインを「AAプラス」から2段階引き下げ「AAマイナス」とした。

 見通しはともに「ネガティブ」を継続し、今後さらに格下げする可能性を示唆した。

 フィッチは声明で「(ユーロ圏)危機対処で信頼の置ける包括的解決策を打ち出すことは、政治的および技術的に複雑で、導入までに時間がかかる」との見解を示した。

 イタリアについては、国債利回り上昇に対する政府の対応が当初は消極的だったことによって、市場の信認が揺らいだと指摘した。 

 格下げにより、イタリアの格付けはマルタやスロバキアと同水準となった。 

 スタンダード&プアーズ(S&P)は前月、イタリアの長期・短期ソブリン非依頼格付けを「A+/A─1+」から「A/A─1」に1段階引き下げたほか、ムーディーズ・インベスターズ・サービスも今月に入り、同国の格付けを「Aa2」から「A2」に3段階引き下げている。

 格下げのニュースを受け、ユーロは対ドルや円で下落した。しかし、アナリストはイタリアの格下げはおおむね織り込まれていたと指摘した。

 BNPパリバのストラテジスト、アレサンドロ・テントーリ氏は「フィッチの格下げの根拠は、他の格付け会社2社が示している理由と大差がない。格下げに反応して市場が大きく動くとは予想していない」と述べた。

 また、フィッチはこの日、ポルトガルの格付けをレーティング・ウオッチ・ネガティブに維持すると発表した。

 フィッチは現在、ポルトガルの外貨建て、および自国通貨建て長期発行体デフォルト格付け(IDR)を「BBBマイナス」、短期IDRを「F3」としている。

 スペイン経済省の報道官は格下げを受け、「(フィッチの)決定は尊重するが、われわれは同意していない」と述べた。

 イタリアのフラッティニ外相は、フィッチによる格下げは予期していたとし、「市場はフィッチやムーディーズなどの役割をさほど気に掛けていない」と述べた。

(ロイター)

週末にかけてヨーロッパ諸国の金融不安が一気に火を吹いてきました。

こんな感じなのにギリシャ救済なんて出来る訳ないと思うのですが・・・・・。

アメリカも財政赤字が3年連続1兆ドル台なんて途方もない数字だし。

来週も金融は大荒れの予感がしますな。

全世界金融ガラガラポン(リセット)になってもおかしくない、今の世界金融の情勢です。

紙幣が紙屑になり、物々交換時代が到来なんて事にならなければいいのですが・・・・・。

« お金持ちには不景気なし | トップページ | マルゲリータは旨いのぅ »

金融危機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52941216

この記事へのトラックバック一覧です: 来週も金融は大荒れの予感:

« お金持ちには不景気なし | トップページ | マルゲリータは旨いのぅ »