« 備えあれば憂いなし | トップページ | あぁ・・・・・ »

2011年10月 6日 (木)

産地表示は正しくね

食品の放射性物質、下限値も明記 消費者の声に応える

食品に含まれる放射性物質の検査結果について、厚生労働省は、調べられる下限値を下回って検出できなかった場合、下限値を示して「○○未満」とするよう都道府県などに通知した。これまで「不検出」を示す「ND」(not detectedの略)と表記していたのを改めた。「数値を知りたい」という消費者の声に応えたという。

 厚労省は毎日、都道府県などが実施した食品の放射性物質検査の結果を公表している。検査方法によって放射性物質を検出できる下限値が異なるのに、「ND」表記では、どれくらいの数値未満なのかわからなかった。

 コメの検査が本格化してきた8月、消費者から厚労省に「NDとはなんだ」「詳しい数字を出して欲しい」などの質問や要望が相次いだ。厚労省は9月29日、調べられる下限値を具体的に数値で表示するよう通知。福島県などの一部地域を除いて、厚労省のホームページでは3日から変更された。

東日本沖の魚介産地表示「○○県沖」に 水産庁が通知

 水産庁は5日、東日本沖の太平洋でとれる魚介類の産地表示について、とった水域での表示を徹底するよう求める通知を出した。水産物では水揚げ港での産地表示もできるため、正しい情報が消費者に伝わらない問題が指摘されていた。原発事故による放射能汚染で、産地情報への関心が高まっていることを受けた対応という。

 北海道から千葉県にかけた太平洋沿岸の7道県が対象で、道県と漁協など関係する水産関係の業界団体に周知する。

 表示方法は、沿岸でとれる魚種と、カツオやサンマなどの県境をまたいで回遊する魚種とで分ける。沿岸性魚種については「○○県沖」とし、回遊性魚種では次のような区分とする。北海道と青森県→北海道・青森県沖太平洋▽岩手県→三陸北部沖▽宮城県→三陸南部沖▽福島県→福島県沖▽茨城県→日立・鹿島沖▽千葉県→房総沖。沿岸から200カイリ線より東はまとめて「日本太平洋沖合北部」とする。

(朝日新聞社)

こういった事は消費者保護の観点からも、事故当初からやるべきことでした。

消費者の声にこたえる形でなく、消費者の声が出る前に対応すべきこと。

まぁ、何もやらないよりはいいのですが・・・・・。

後は小売店が正確な情報を表示されているかが大切になってきますね。

産地の偽装や数値のごまかしがあったんでは意味がありませんから。

でも、いつかは出るんだろうな、産地の偽装や数値のゴマかしが・・・・・。

« 備えあれば憂いなし | トップページ | あぁ・・・・・ »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/52921210

この記事へのトラックバック一覧です: 産地表示は正しくね:

« 備えあれば憂いなし | トップページ | あぁ・・・・・ »