« さすがタイランド! | トップページ | 人口爆発に思う »

2011年10月17日 (月)

中国に買われた日本企業

中国・ハイアール、三洋「AQUA」日本発売へ

白物家電で世界大手の中国・海爾集団(ハイアール)が、三洋電機のブランド「AQUA(アクア)」の洗濯機や冷蔵庫を2012年1月にも日本市場で発売することが17日、わかった。

 三洋の親会社のパナソニックとハイアールが18日にも最終合意する見通しだ。

 三洋はアクアブランドを洗濯機だけで使っていたが、ハイアールは冷蔵庫にも拡大し、製造や販売を担う子会社を設立する考えだ。低価格帯を中心に、既存のハイアールブランドの製品展開も続ける。

 パナソニックは今年7月、三洋の洗濯機と冷蔵庫の事業を12年3月までに売却することでハイアールと基本合意し、当初は今年9月末の最終合意を目指していた。売却額は約100億円とみられる。

(読売新聞)

21 いつぞやのニッポンを見ているようなニュースでございます。

そう、バブル期真っ盛りのニッポン80年代後半。

その頃の日本企業は、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界の企業を買収し、世界中の美術品などの高額商品を買い捲っておった時代でしたな。

あの光景を今の中国にも見てとれるのでしょうかね。

貧富の差こそ大きいものの、都市部では季節ごとに上がるような給与に、そこに住む人々の消費意欲はいまだに旺盛です。

ニッポンの100円ショップで売っているものが、中国では400円くらいで売っていますからねぇ。

値札のところには『日本商品』見たいな事が書いてあるんですよ。

異国への憧れの強い中国都市部の人々には、100円ショップで買うようなものでも400円で買うことに意味を持つのでしょうかね。

バブル期にBMW3シリーズの中古車に高額をはたいたのと同じ感じです。

まさにバブル期のニッポンを見ているようですな。

« さすがタイランド! | トップページ | 人口爆発に思う »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53014340

この記事へのトラックバック一覧です: 中国に買われた日本企業:

« さすがタイランド! | トップページ | 人口爆発に思う »