« 白血病患者急増? ほんかまいな?(ガセ) | トップページ | 放射線空間線量(茨城県桜川市) »

2011年11月29日 (火)

米・・限りなく全量検査をしなさい

【Q&A/コメの基準値超え拡大】ホットスポットが存在 全量検査は現実困難

 福島市大波地区の農家5戸で生産されたコメから、新たに暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されました。同地区では既に農家1戸のコメが基準値を超えており、東京電力福島第1原発事故のコメへの影響が深刻さを増していることが判明しました。

 Q 基準値超え発覚のいきさつは何ですか。

 A 大波地区の農家が今年収穫したコメをJA新ふくしま(福島市)に持ち込み、「家族が食べるから安心したい」と自主検査を依頼したのがきっかけです。

 Q 国や福島県はその後、どういう対策を取っているのですか。

 A 国は17日に大波地区で取れたコメを出荷停止にしました。県は22日から地区全域を対象にコメ全量の緊急調査を始め、高濃度汚染の広がりが確認されました。24日の時点で最大、同1270ベクレルを検出しました。

 Q 大波地区はどんな場所ですか。

 A 福島市郊外の山あいに位置し、局地的に放射線量が高いホットスポットがあります。一時は特定避難勧奨地点の指定も検討されました。

 Q 大波地区のコメは今年、どれぐらい生産されたのですか。

 A 県によると、稲作農家は154戸あり、計約142・6トンが生産されました。

 Q 基準を超えたコメが市場には流通していないのですか。

 A 一般消費者には出回っていません。県の調査では、70袋(約2・1トン)が福島市と同県伊達市の米穀店に卸されましたが、店に保有されたままでした。残りは農家が自家用として保有していたり、販売委託先のJA新ふくしまが保管したりしていました。

 Q 大波地区のコメはどのように汚染されたのですか。

 A それはまだ分かりません。現在、県が専門家と調査しています。

 Q これからも基準値を超えるコメは増えるのですか。

 A 154戸のうち、24日までに調査が終わったのは34戸です。さらに県は伊達市などにも調査を拡大する方針なので、今後も基準値を超えるコメが出る可能性はあるでしょう。

 Q 福島産米の“安全宣言”が出ていたはずですが。

 A 佐藤雄平(さとう・ゆうへい)知事が10月12日に出しました。県が9~10月に実施したコメの本調査で県内1174地点全ての検体でセシウムが基準値を下回ったためです。

 Q 検査態勢に不備があったのですか。

 A 現実的に全量を調査するのは難しいのです。県内で今年収穫されたコメは約35万3600トンで、30キロの袋で換算すると1180万袋。仮に1日4千袋を検査しても、8年ほどかかる計算となります。

 (共同通信)

米はニッポン人の主食でございます。

ほとんどの人が毎日食すのでございます。

現時点で全量検査が無理なら、速やかに全量検査に近い検査をする体制を整えるべきでしょう。

今はお米の保管体制良くなっているので、古米・古古米であってもほとんど食味に大きな違いはないはずです。

(現在、ワタシの家では愛妻・猛爆!の実家が半農でお米を作っているので、古米を玄米の状態で残して保管し、その都度少しづつ精米してもらって食べています。)

本当の新米を食べてご覧なさい。

お米が宝石のように輝き、粘りがぜんぜん違うのですよ。

米穀店やスーパーで買ったお米では、本当の新米の味は経験できませんよ。

おっと、話がそれました。

253 放射性物質の検査が済むまで流通させず、古米・古古米を食べればいいんですよ。

放射性物質の食品汚染検査は、今後国家の大きな事業のひとつになるはずです。

1年2年の話じゃぁないんです。

この先、気が遠くなるような長い年月をワタシ達は放射性物質汚染食品と付き合っていかなければならないんですよね。

これは間違いのない現実。

事実です。

国家も希望的カンソクの発表に終始しないで、現実を認識すべきですな。

(たぶん国家は認識はしてるんでしょうけど・・・・・)

« 白血病患者急増? ほんかまいな?(ガセ) | トップページ | 放射線空間線量(茨城県桜川市) »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53361899

この記事へのトラックバック一覧です: 米・・限りなく全量検査をしなさい:

« 白血病患者急増? ほんかまいな?(ガセ) | トップページ | 放射線空間線量(茨城県桜川市) »