« 千葉県東方沖2連発 | トップページ | 子供以下の思考回路の人達が管理する原子力発電 »

2012年1月29日 (日)

終わりの始まり

専門家が“富士山”噴火を警戒!28日朝“震度5弱”は予兆か

 朝の日本列島に緊張が走った。28日午前7時43分ごろ、富士五湖直下を震源とするM(マグニチュード)5・4の地震が発生し、最大震度5弱を観測した。昨年3月11日の東日本大震災以降、噴火の可能性も指摘されている富士山の近くだったこともあり、専門家は警戒感を強めている。

 気象庁によると、震源地は山梨県東部・富士五湖で、震源の深さは18キロ。山梨県富士河口湖町や同忍野村で震度5弱となり、甲府市や神奈川県厚木市で震度4、東京都千代田区や横浜市でも震度3を観測した。

 震度5弱の強い揺れに見舞われた富士河口湖町町のコンビニエンスストアの従業員(53)は、地震発生後時の状況について、「一気に下からガンッと強い揺れがきて、その直後に大きな横揺れを1分間ほど感じた。その後も小さな揺れが断続的に続いた」と話した。

 28日午前9時現在までに、警察、消防など関係各機関に人的被害は報告されていないが、JR東海の東海道新幹線は新横浜-静岡間で上下線とも約10分間運転を見合わせた。

 地震そのものによる被害はなかったが、多くの人が気になったのは、この地震の震源地が富士山ときわめて近い地点にあったこと。同日朝、本紙編集局に「富士山は噴火するのでしょうか?」と心配した読者から問い合わせもあったほどだ。

 気象庁は同日午前会見を開き、この地震について「富士山の活動とは関係ない」との見解を示したが、大地震の後に火山が噴火した例は決して珍しくない。1707年の宝永地震(M8・6)の49日後には富士山が大噴火し、江戸にも大量の火山灰が降った。

 「マグマだまりの中の炭酸ガスが発泡し、地中での上昇を繰り返して地上に一気に吹き上がる現象が噴火。地震の揺れがマグマだまりを刺激することになり、影響が心配です」と危惧するのは千葉大大学院理学研究科の津久井雅志准教授だ。

 マグマ活動の研究を行う東京大学地震研究所の武尾実教授も、「富士山のマグマだまりは地下10キロ以内に1つ、15キロより深い場所に1つ。少なくとも2つあるといわれています。噴火発生前には地震が頻発する傾向にあり、警戒が必要です」と指摘する。

 昨年3月15日には、同じく富士山近郊の静岡県東部で深さ14キロの地点を震源とするM6・4の地震が発生している。今回の地震とは震源地の位置こそ異なるが、気象庁関係者は、「すでに日本は地震活動期に入っている。M9の東北地方太平洋沖地震によって活発となったプレートの動きが富士山の火山活動に影響を及ぼしている可能性が高い」とも。今回の地震で、300年もの間、火山活動が鳴りをひそめている富士山の“目覚め”を危惧する声が広がるのは間違いなさそうだ。

(zakzak)

昨日、富士五湖周辺で震度5弱の地震がありましたね。

昨年の大地震の後、日本の各地で大きめの地震が多数発生しています。

大地震によって、今まで限界ギリギリのところで保たれていた日本各地の地殻の歪の均衡が一気に崩れ、大地震後の各地の地震につながっているものと思われます。

今後の日本にとっての大きな関心事は、東京直下型地震や関東大震災のような地震、そして東海・東南海・南海地震と富士山の噴火になります。

その中の富士山周辺でのやや大きめの地震。

その後も小さな余震が続いているようです。

最近の地震の傾向として、やや大きめの地震が起きると各地で地震が連続して発生し、そしてまた数日静かな状態が続く傾向にあります。

その地震の発生する傾向(波)に注意してみてください。

(地震の)波が来た時には要注意です。

« 千葉県東方沖2連発 | トップページ | 子供以下の思考回路の人達が管理する原子力発電 »

地震予知関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53852705

この記事へのトラックバック一覧です: 終わりの始まり:

» 静岡県中古車査定 [静岡県中古車査定]
中古車査定シュミレーションページです。大手数社から同時に一括査定ができます。 [続きを読む]

« 千葉県東方沖2連発 | トップページ | 子供以下の思考回路の人達が管理する原子力発電 »