« 強行採決の重要政策って他にあるノダ | トップページ | ワタミの会長、いい事いうねぇ~ »

2012年1月17日 (火)

日本国家は国民を見捨てた

SPEEDI情報 米軍に提供

東京電力福島第一原子力発電所の事故原因を究明する国会の「事故調査委員会」は、初めての本格的な質疑を行い、参考人として招致された文部省の担当者が、放射性物質の拡散を予測する「SPEEDI」と呼ばれるシステムによる予測データを、事故の直後に、アメリカ軍に提供していたことを明らかにしました。

(NHKニュース)

SPEEDIの情報を事故直後にアメリカに提供ですか・・・・。

日本国民は国家から見捨てられたって事になりますわな。

日本国家はアメリカの為にあった。

どうりで事故直後にアメリカが80キロ圏より離れろと言った訳が理解できましたわ。

766ホント、最低な国家だな。

それで消費税アップ?

アメリカに貢ぐ気でございますか?

それとも政官の利権を固めるためでございますか?

税金払うのが馬鹿らしくなってきますな。

« 強行採決の重要政策って他にあるノダ | トップページ | ワタミの会長、いい事いうねぇ~ »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53758752

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国家は国民を見捨てた:

« 強行採決の重要政策って他にあるノダ | トップページ | ワタミの会長、いい事いうねぇ~ »