« 道遥かなり | トップページ | 100万人が街を彷徨う事になるのか »

2012年2月 2日 (木)

中国 春節事情

中国の春節(旧正月)も終わりです。

中国のどこの企業経営者も、春節前にいた従業員が何人戻ってくるのか、気が気で無いでしょう。

そこで、とある地方の日系企業の経営者は、すごい手を考え出したようです。

従業員も帰省するためには、故郷行きの切符を買わなくてはなりません。

それがまた大変で、2日間並んで切符を買うようなこともあるそうです。

とある企業はそこに目を付けて、会社で数十台の帰省バスをチャーターし、方向別に帰省する従業員を乗せて帰らせるそうです。

8604 それも家のすぐ近くまで行くとの事。

そして、春節が終わる頃、それぞれの従業員の家まで迎えに行くようです。

従業員も切符を買う手間、費用もかからずに助かるし、経営者サイドも家にまで迎えに行けば戻ってこなくなる確立はかなり低くなると読んでいます。

労使お互いのニーズがうまくいったようで、お互いかなり喜んでいるようです。

人がいなければ世界の工場、中国だってモノは作れません。

どこの経営者も、涙ぐましい努力をして人離れ対策に必死のようです。

« 道遥かなり | トップページ | 100万人が街を彷徨う事になるのか »

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53884750

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 春節事情:

« 道遥かなり | トップページ | 100万人が街を彷徨う事になるのか »