« 火葬場はオーバーフロー | トップページ | V12エンジンのような気持ち良いハシズム加速! »

2012年2月16日 (木)

原子力安全・保安院→原子力不安・破壊院

2トップ、福島事故で謝罪 「言い訳に時間をかけた」「私は文系で…」

 国会が設置した東京電力福島第1原発事故調査委員会(委員長・黒川清元日本学術会議会長)の第4回委員会が15日、国会・衆院別館で開かれ、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長と経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭前院長が、原子力の安全規制当局として事故を防げなかったことについて陳謝した。

 班目氏は津波や全電源喪失に備える原発の安全指針について「瑕疵(かし)があったと認めざるを得ない。おわびしたい」と謝罪。指針が改善されなかった背景について「低い安全基準を事業者が提案し、規制当局がのんでしまう。国がお墨付きを与えたから安全だとなり、事業者が安全性を向上させる努力をしなくなる悪循環に陥っていた」と言及し、「わが国は(対策を)やらなくてもいいという言い訳に時間をかけ、抵抗があってもやるという意思決定ができにくいシステムになっている」と述べた。

 寺坂氏は平成16年の美浜原発配管破断事故などを挙げ、「(保安院は)安全規制を進めようとしていたが、個別の問題の改善や安全確保に相当な時間や人員をとられた」と釈明した。

 官邸への助言など、事故当時のそれぞれの行動について、班目氏は「1週間以上寝ていないのでほとんど記憶がない。私がいた場所は固定電話が2回線で携帯も通じず、できる助言は限りがあった」と説明。寺坂氏は「私は文系なので、官邸内の対応は理系の次長に任せた」と述べた。

 また、放射性物質の拡散予測システム(SPEEDI)を避難に活用しなかったと政府事故調などで指摘されていることについて、班目氏は「SPEEDIがあればうまく避難できたというのは全くの誤解だ」と反論。寺坂氏は「避難方向など何らかの形で有用な情報になったのではないかという思いはある」と述べ、異なる認識を示した。

 黒川委員長は委員会後の会見で「安全委員会と保安院は安全を担う使命を持っているが、緊急時の備えができておらず、事故がない前提で原子力行政を推進するなど、国民の安全を守る意識が希薄だ」と批判した。

(産経ニュース)

745 こりゃぁアカンわ。

原子力安全・保安院→原子力不安・破壊院じゃぁないの。

トップが文系だから・・・なんてふざけるのも、いい加減にしろ!と言いたくもなりますわ。

福島の原子力発電所の事故は起こるべくして起こった『人災』だったのですね。

突き詰めれば国家(官僚・国会議員)と電力会社の持ちつ持たれつの『なあなあ』の関係が起こした人災事故だったと言えるでしょう。

日本国家が起こした事故だもの、隠蔽したくなるのも頷けます。

誰だってテメエが原因の事故は公表したくないものですからねぇ。

賛否はあろうと橋下サンのような既得権益をぶち壊してくれそうな人物が、国政に上がらないと、この腐りきったニッポンは変わらないのかもしれません。

ニッポン再生は何十年と続いた既得権益の汁を吸う、腐りきった政治(国会議員)・官僚・業界・マスコミをぶち壊す事がまず第一歩となりそうです。

橋下クン、頑張れ!!

« 火葬場はオーバーフロー | トップページ | V12エンジンのような気持ち良いハシズム加速! »

原子力事故関連」カテゴリの記事

コメント

原子力安全・保安院→原子力不安・破壊院
そのとおりです。
改名するべきですね。

保安院の職員様、これ以上、日本を壊さないでくれ。
言い訳よりも償ってほしい。

>あい さま

お初でございます~

平平凡凡と暮らす現地の人々の暮らしを奪った罪は大きいと思いますよ。

その事を良く考えて行動してほしいと思いますよ。

また何かありましたらお声をかけてくださいまし~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531368/53996230

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力安全・保安院→原子力不安・破壊院:

« 火葬場はオーバーフロー | トップページ | V12エンジンのような気持ち良いハシズム加速! »